• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • これから成績を伸ばしたいという方のための家庭教師

    9月に入り多くの学校では夏休みが明け、授業がスタートした。学校によっては長期休暇明けに学力テストを実施するところもあり、そのテストによって夏休み時の学習量の差が見えてくる。子どもが休みの間に学習習慣を身につけることができていなかった場合、保護者は驚愕するような結果を目の当たりにするかもしれない。

    受験期に入っている受験生にとっては、そういったケースは僅かかもしれないが、中学校に上がったばかりの1年生や中だるみがしやすい2年生にとっては起こりうる可能性が高い問題である。すでに1学期の授業範囲でつまずいている場合は、そのままズルズルと理解ができない範囲を引きずったまま受験に入ってしまい、最悪の場合、高校進学をあきらめてしまうケースだってありうるのである。

    長期休暇が明けて学力の現実を目の当たりにし、子どもを学習塾に入れようと考える方も多いが、子どもがそれを拒否する場合がある。それは単純に勉強をしたくないという意思表示だけでなく、近隣の学習塾では同じ学校の同級生が通っているケースも多く、自分の低い学力が露呈することを嫌がる場合もあるのである。そういったことは子どもの口からは言い出しにくく、別の理由をつけて塾通いを拒否することが多い。そういった場合には、「家庭教師ならどう?」と聞いてみよう。

    家庭教師であれば同級生と同じ空間で勉強することは無いため、周囲の目を気にすることなく勉強することができる。また、家庭教師の授業はスタート位置も進度も子どもに合わせて組むことができるので、勉強が追い付いていない子どもも安心して勉強することができるのである。

    幸いにも東京近郊には家庭教師の本部が多くあり、登録されている家庭教師の数も多い。CMを多く打っている家庭教師のトライをはじめ、学研の家庭教師、家庭教師のノーバス、合格王などプロ家庭教師を擁するところも多い。

    長期休暇のあいだに勉強をしなかった子どもは、塾や家庭教師の夏期講習を乗り越えた子どもと比べて学力だどうしても低くなっている。受験への道は基礎から着実に作っていかなければならないため、どうしても時間が必要となる。子どもの学力に危機感を持ったら、できるだけ早めに学習対策を講じた方が良い。それが塾であれ家庭教師であれ、子どもが続けられる方策を保護者は考えなければならない。子どもの未来のために、今すぐに学習について考えを持ってもらいたい。