• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師が著作権教育を進めるには

    著作権教育
    最近、学校のレポートなどで本やインターネットの内容を丸写しする、いわゆる「コピペ問題」が多数発生しています。背景には、学校教育で著作権や、「引用」と「盗用」の違いを教えていないといった現状が挙げられます。

    このまま子どもが大人になり、社会に出ると、何らかのきっかけで著作権法違反に問われ、訴訟リスクを背負うことも十分考えられます。
    このページでは、そういった事態を回避するため、家庭教師に何ができるのかを考えていきます。

    コンテンツが集まる東京でこそ家庭教師による著作権教育が必要


    そもそも、著作権はどのようなときに発生するのでしょうか。著作権法では、著作物を「思想又は感情を創作的に表したもの」と定義しています。

    また、著作物以外にも、特許の発生するものには特許権、工業デザインに関するものには工業意匠権などが定められており、人が創作するありとあらゆるものに著作権もしくはそれに準ずる権利が発生することになります。特に、著作権については本人が主張するしないに関わらず発生することにも注意が必要です。

    メディア都市東京には、様々なコンテンツが集まっており、それら全てに著作権があります。このことを根本的に理解していないと、法律に抵触してしまうことになります。
    学校教育で著作権をまともに教えていない以上、親御さんないし家庭教師が教えるしか方法はないのです。

    家庭教師が東京の家庭で著作権教育を行うには


    「教育における著作権」とは、学校での教育に用途を限って、著作物を複製(コピー)することができるという著作権の例外規定です。

    最近の東京の学校では、校内にコイン式のコピー機を設けているところも多く、子どもは何の疑問もなくコピー機を使っていますが、これはあくまでも例外的な措置なのだということを教えなければいけません。

    因みに図書館でのコピーも著作権法の例外規定なので、コピーそのものが本来制限されているのだと教えた方がいいでしょう。

    「引用」と「盗用」の違いですが、「引用」はあくまでも著作物の一部を利用する行為であり、なおかつ出典を明記しなければ成立しないと教える必要があります。
    この要件を満たさないものは全て「盗用」であり、違法行為なので徹底して教えましょう。

    東京で著作権教育のできる家庭教師を探す方法


    著作権教育ができる家庭教師と聞くと、法学部出身者などが思い浮かぶかもしれませんが、もっと確保しやすい人材がいます。それは、図書館司書資格保有者です。

    図書館司書の資格を取るにあたっては、著作権法の勉強が必須になっています。また、一部の図書館司書勤務経験者は文化庁実施の著作権講習も受けており、法律家同等の著作権に関する知識を持っています。

    東京の大学では、図書館司書養成課程を設けているところも多く、実際に図書館司書になるかどうかはともかく、とりあえず資格だけ取っているパターンも多く見られるので、人材の確保にはそれほど苦労しないでしょう。

    図書館司書資格取得者は、合わせて教員免許を取るケースが非常に多いので、そういった点からも非常に探しやすいと言えます。

    まとめ


    平成30年に入って、著作権法の改正案が可決し、平成31年から施行されることになりました。

    この改正では、教育現場における複製に対して、相当の対価を支払うという項目が追加されており、今後教育現場における著作権意識の普及が進んでいくでしょう。

    ただ、教員自体が著作権教育を受けていないので、子どもに情報が伝わるまでにはかなりの時間がかかりそうです。いち早く著作権教育に取り組むことで、将来への不安を払拭しておきましょう。