• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師は保健教育にどこまで踏み込めるのか

    保険教育における家庭教師の役割 このページでは、家庭教師が保健教育にどのように関わっていけるのかについて考えていきます。保健教育は子どもの将来を守る上で欠かせないものですが、どうやら学校での保健教育のカリキュラムは、肝心の部分について教えることがなく、結果として片手落ちになっているようです。

    では、家庭教師は、不足している部分についてどのようなアプローチで補足していくことができるのでしょうか。

    重要性を増す東京での保健教育と家庭教師の関係


    現在、文部科学省での保健教育は、「薬物乱用防止教育」、「飲酒・喫煙対策教育」などに重点を置いています。これに加え、東京都ではさらに性教育やエイズ教育、がん教育などについて上積みをした状態で保健教育を行っています。
    しかし、東京で最も懸念されるのは、これらの健康リスクに直結した犯罪やトラブルに巻き込まれない子どもを育てていくこと、そして、ともすれば食の氾濫と運動不足で崩れてしまいがちな東京の子どもの健康をどのように保っていくかという問題です。

    学校での保健教育は体育科が主に管轄しますが、あくまでも体と心への影響だけを教え、社会的背景や文化的背景についてはほとんど教えていません。このようなアプローチでは、子どもは健康に関する全体的な視野を獲得することができません。そこで、より広いアプローチでの健康教育が、家庭教師に期待されるのです。

    東京で家庭教師が保健教育を効果的に行う方法


    家庭教師が保健教育を行うにあたっては、科目教育と合わせてより広いアプローチを取るのが効果的です。

    例えば性教育であれば、自分のプライベートゾーンに他人が侵入してきたらどう対処するかという防犯教育、望まぬ妊娠をしてしまったらどのような身体的負担がかかるのかという体育科的教育、子どもを育てるのには具体的にどのくらいのコストがかかるのかという家庭科的教育を複合的に行うことが考えられます。

    また、家庭教師以外に習い事に通っている子どもであれば、暴力や薬物乱用の現場に遭遇しないために、帰り道にどの場所を避けて通らなければならないかという社会科的教育、さらにそういった事項を万一インターネットで見てしまった場合にどう考えたらいいかという情報教育など、あらゆるアプローチが考えられます。

    教材については、文部科学省や東京都のホームページ、保健所や警察などで入手できるので困ることはないでしょう。

    保健教育のできる家庭教師を東京で探すには


    保健教育のできる家庭教師といえば、筆頭候補に上がるのはやはり体育科の教員免許状保持者です。ただ、社会的アプローチから健康教育を考える場合は、体育科専科では心もとないので、他の科目も副専攻で取るような「頭脳派」を探すくらいの方が賢明だと思われます。また、社会科や家庭科の教員免許状保持者、それ以外でも実際に学校現場で生徒指導に当たった経験のある人材であれば、それほど苦労することなく担当できます。

    問題なのは、東京の治安状況、子どもの住む地域の治安状況などを的確に把握し、日常生活についても合わせて指導できる人物かどうかということです。

    まとめ

    今後東京では、特に喫煙対策にシフトした教育が行われることが予想されます。しかし、健康教育は近視眼的になってしまうとバランスを失うので、家庭教師による家庭での補足教育が必要になります。
    健康教育は他の教科と親和性が良く、子どもも身近な話題として興味を持ちやすいので、是非積極的に取り入れていきましょう。学校教育の枠に囚われない教育こそが、家庭教師の利点なのです。