• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 東京では運動会の時期~室内でも熱中症に注意~

     東京都の公立学校では春の運動会の時期となってきた。特に小中学校の多くは暑さが盛りを迎える前に運動会を実施する傾向にあるが、近年は温暖化の影響なのか5月から既に夏日を記録するなど暑い日が続く。

     文部科学省では昔から続く学校生活の中で発生する熱中症に対して注意喚起を行っている。今年も既に各地域の教育委員会へ熱中症事故防止の依頼書を出している。教育現場では多くの場合、部活動の際に熱中症が発生しやすいが、運動会などの体育系行事やその練習中にも発症しやすい傾向にある。さらには、熱中症は屋内でも発生しうるため、発生しやすい要因などを知っておく必要がある。

     ごくまれに熱中症を、暑さから来る軽度な症状と考えている人もいるようなので、熱中症は死に至るものであることを知っておいてもらいたい。異常な体温の上昇や発汗があり、軽度な症状として、めまいや頭痛、吐き気を訴える。重度になると今度は全く汗が出なくなり、強い眠気が引き起こされ失神に至る。さらに重症になると死亡に繋がるケースがあるのだ。また、死に至らなかったケースでも腎機能障害や脳機能障害といった後遺症が出てしまう可能性もあるため、熱中症はしっかりと予防しなければならないものなのである。

     熱中症が起こる原因としては、急な気温上昇によって人体の体温調節機能が追い付かないことが挙げられる。そのため高温下での部活や体育活動で発症しやすいのである。また、涼しい所から暑いところに急に移動すると発生することもあり、室内の冷やしすぎにも要注意である。また、暑くない場所でも湿度が高い場合には発汗がうまく行えず熱中症に至るケースもある。

     こういった原因から、熱中症は室内でも十分に起こり得ることが分かる。特に暑くないと感じていても、日本の梅雨の時期は湿度が非常に高いため、家庭内学習を行っている時は湿度から来る熱中症にも注意が必要となる。

     特に我慢強い子どもの場合にはその傾向が顕著に現れてしまうようである。また、家庭教師のように室内で学習した後にすぐに暑い外に出ても発症してしまうので要注意なのである。

     まだ体が暑さに慣れていないこの時期だからこそ、保護者は熱中症が起こり得るということを念頭に置き、子どもが熱中症を起こさないように注意してあげることが必要だ。

     主な予防策として、室内においては扇風機やエアコンを利用して温度調節を行うこと、外出時には直射日光を避け、日傘や帽子を利用したり、日陰に入ったりすることが重要である。そして、何よりもこまめな水分補給・塩分補給が必要である。万が一、熱中症の症状が現れたら、すぐに涼しい場所に移動させ、ぬれタオル等を使って体を冷やし、水分・塩分の補給をすぐに行うようにしてもらいたい。

     下記URLに厚生労働省における熱中症の予防策などが記載されているので参考にされたい。
    【厚生労働省熱中症対策】

     今の時期は急な気温の上昇があるなかで体が暑さに慣れておらず、熱中症が発症しやすいタイミングである。冒頭でも挙げたように東京の公立学校では運動会や体育祭のシーズンでもある。家庭内学習でも条件がそろってしまえば熱中症に陥ってしまうことが十分にあり得るので、これから家庭内でも注意してもらいたい。