• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 重要な【進学へのイメージ】

    10月になると年末までのカウントダウンが始まり、多くの受験生が目前に控えた受験に対して危機感を抱き始める。

    この頃になると他の受験生も実力が固まってくる時期になってくるため、夏までは頑張った分だけ反映されてきた模試の成績も、順位が大きく変わらなくなり、勉強に対する焦りが出てくる時期にもなってくる。

    また、受験生ではない学年では、夏期講習を終えた後の定期テストなどもひと段落して、中だるみがしやすい時期でもある。

    秋口は受験生や来年以降に受験を控える子どもたちにとって、焦りや弛みを生み出しやすい時期と言えるだろう。

    そのまま焦燥感を募らせたまま受験に突入してしまうと、出願時に「自分の行きたい学校」ではなく「行ける学校」へと出願してしまい、後の後悔につながってしまうことがある。

    また、中だるみした状態のままズルズルと年末まで過ごしてしまい、冬期講習や定期模試の際に、しっかりと学習を続けてきたライバルたちに大きく引き離され、挽回が難しくなってしまうケースも十分にある。

    そういった焦りや弛みを引き締めるために、自分が進学した未来のイメージを具体的に想像することが大切である。

    進学したい学校へは、進学したいと思った理由があるはずだ。校風が良いのか、やりたい勉強ができるのか、やりたい部活があるといったケースもあるだろう。そういった自分が進学を志した原点を思い返す意味を込めて、進学した未来をイメージさせるのである。

    受験生の場合、行きたい学校を目指すということ、それ自体がモチベーションとなる。そのため、成績が思ったように向上していないケースであっても、進学したいという想いをモチベーションに頑張ることができるだろう。

    中だるみをしてしまっているタイミングでも、進学先をしっかりと考えることは有効である。

    中だるみは、目標地点が遠くて具体性に欠けてしまうため、モチベーションを保てないことが主な要因となっている。そのため、具体的な進学先についてイメージを持つことでモチベーションを保つのである。

    しかしながら、子ども一人では具体的なイメージを持たせることは難しいだろう。そこで、保護者も一緒に考えてあげるのが良い。

    また、東京都内には非常に多くの大学がある。最高学府である東京大学や、私立の有名校である早稲田大学に慶応大学、教員養成学校の最高峰となる東京学芸大学に、理科分野に強い東京理科大学などなど、非常に多くの大学がキャンパスを持っている。

    こういった大学に子どもと一緒に行ってみるのも良いのである。

    まだ子どもが中学生であっても、高校進学を考えているのであれば当然、大学進学も視野に入るだろう。高校受験のタイミングで大学も視野に入っていることは非常に良いことである。場合によっては、受験の面接において大学進学について話しても良いだろう。そのことが高校に入ってから頑張ってくれるだろうという期待感を面接官に持たせ、受験に対してプラスの効果もあるかもしれない。

    東京都内に住んでいない方でも、千葉・埼玉・神奈川といった首都圏内であれば非常に多くの大学があるので、そちらに行ってみるのも良いかもしれない。

    雇っている家庭教師が大学生の場合、その講師の話を子どもにしてもらうのも良いだろう。もしその家庭教師がゼミや研究室に所属しているのであれば、お願いしてゼミに見学に行くのも良いだろう。そうして具体的な進学する未来の自分をイメージできるだろう。

    焦りも中だるみもメンタル的な問題である。むやみに焦っても成績が上がるわけでは無く、中だるみは早い時期に打破しなければズルズルと成績が下がってしまう。

    家庭教師の助力を得たり、東京という地の利を生かしたりと、多角的な方法で子どものメンタルヘルスケアをしてあげよう。