• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭のニオイが子どもの集中力に影響を与えることが判明

    家庭で発生するニオイが子どもの集中力に悪影響を与えることが判明した。これはプロアクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)と古賀良彦 杏林大学名誉教授との共同研究で分かったものである。

    小学4年生~6年生の児童96名を対象に、家庭で発生するニオイがある環境とニオイが無い環境下で集中力テストを行った。その結果、ニオイがある環境では、無い環境と比べて正答率が下がったのである。特に「汗・体臭」のニオイの環境下では顕著に正答率が下がることが分かった。さらに、集中力の指標となる脳波「P300」の測定試験では、「汗・体臭」のニオイがある場合では、無い場合と比べて測定値が10.8%も低下しており、ニオイが子どもの集中力に大きく影響を与えることが分かったのである。

    子どもへのアンケート結果においても、ニオイがある環境において「やる気」と「集中力」が低下するという回答が増えていた。

    ニオイが人の体調や心理に与えることは感覚として多くの人が感じていると思うが、今回の研究結果では、それを実証してみせたことに意義がある。実際に家庭内で発生するニオイは子どもたちの集中力とやる気に悪影響を与えるのである。

    普段生活している環境の中に染み付いたニオイは段々と慣れていってしまうが、脳はニオイによる刺激に反応してしまう可能性がある。子どもの成績が落ちてきたり、情緒が不安定になったりした際には、もしかしたらニオイが原因になっているのかもしれない。子どもは特に自分で生活臭に関するケアができないケースが多いので、保護者がしっかりとケアしてあげる必要があるだろう。そのためにも、保護者は常日頃からニオイに対して注意を払うべきだろう。

    P&Gが公開した研究結果によると「汗・体臭」のニオイが集中力の低下や情緒に対して最も悪影響を与えるものであった。スポーツクラブや運動系の部活に入っている子どもの場合は、運動後にシャワーを浴びて汗臭さを洗い流してから勉強したほうが、能率が上がるかもしれない。

    多くの子どもはリビングで勉強をしているという調査結果がある。そのリビングは生活臭が多く蓄積する場所であり、特にケアが必要だろう。環境中のニオイを調べる臭気判定士によると、家庭のリビングのニオイ発生源はカーテンとカーペット、そして壁紙の3点が全体の89%と大勢を占めている。つまり、この3か所のニオイケアをしっかりすることが重要となる。多くの会社がさまざまな消臭剤を出しているが、ニオイの原因を断つことが重要である。とりあえず消臭剤を使うだけでなく、何がニオイの原因となっているのかを調べ、改善を図ることが求められる。

    これから受験の追い込み時期になるが、家庭学習を円滑に進め学習効率を上げるためにも、家庭内のニオイケアをしっかりとしてあげることが重要となるかもしれない。