• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師と宇宙開発の浅からぬ関係

    宇宙開発
    このページでは、家庭教師と宇宙開発が教育上結び付くという面白い情報を提供したいと思います。

    宇宙開発は、日本でも国家的プロジェクトとして進めており、早期の人材育成が必要です。
    また、宇宙という壮大なテーマゆえに、子どもの興味も引きやすいです。

    では、それと家庭教師は、どのように結びついていくのでしょうか。塾講師では得られないような目からウロコの視点をご提供します。

    東京を中心に進む宇宙開発とその中にいる家庭教師

    教育を管轄している文部科学省は、科学技術振興の一環として宇宙開発を担当しています。
    宇宙開発で得られた情報の一部は、映像情報や実験結果という形で、最新のトピックスとして教育現場にも還元されています。

    一方、東京の地域性と宇宙開発も、深く結びついています。東京を中心とした研究機関や官公庁が、宇宙開発を全面的にバックアップしています。また、町工場の精密な加工技術は、世界的にも評価され、宇宙開発に関する機械類にも導入されています。

    教育、東京、宇宙開発は、間接的な関係で互いに結び付いています。
    この結びつきをうまく使うことで、壮大な宇宙という舞台を活用しながら、ともすれば単調になりがちな科目教育に子どもを誘導することができそうです。せっかくなので、このスキルは家庭教師にも求めたいところです。

    東京の家庭教師がどのような切り口で宇宙開発を語るか

    子どもによって、そこから出てくる引き出しは無限にあるでしょう。例えば、空気がない空間でどのように暮らせばいいのか、とか、重力が違う空間で無事でいられるのか、といった問題が出てきやすいかと思います。

    哲学的な素養のあるお子さんだと、地球外生命体がいるとして、どのようにコミュニケーションを取ればいいか、という切り口が出てくるかもしれません。

    こういった引き出しを、いかに各科目、特に苦手な子どもの多い理科教育に結び付けていくかが家庭教師の腕の見せ所です。

    東京という地の利を活かして、博物館や科学館に探索に行くのもいいかと思います。塾や学校といった建物の制限がない家庭教師だからこそ、こうした方法が柔軟に取れるのかもしれません。

    宇宙開発を語れる家庭教師を東京で探す方法

    宇宙開発というとどうしても理系要素が思い浮かぶため、東京で見つける家庭教師も理系でなければならないと思う親御さんが多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。

    むしろ、自分のできることが限られていて、外部のリソースを頼らないと宇宙開発に関する教育ができないと自覚している人材を選ぶと良いでしょう。

    具体的には、インターネット上の情報源を最大限活用しつつ、科目教育にも落とし込めるデジタルネイティブ世代の人材を家庭教師として迎えるのが得策です。

    宇宙開発に関する最新情報はインターネットに先に流されるため、インターネット検索や動画の利用ができる家庭教師が理想像です。

    また、外部の教育機関を使うという発想で言えば、司書、学芸員、社会教育主事といった教育に関する隣接領域の資格を持った人材を選ぶのもいいかもしれません。

    まとめ

    宇宙開発は、将来にわたって伸びしろのある分野です。今はまだ学校教育にはそれほど導入されていませんが、今後開発が進むに伴って、教育現場に対する人材育成の要請も増えていくかもしれません。

    教育は早い者勝ちの世界ですので、ようやく教育現場に入ってきたくらいの段階で既に突出した能力を持っていると、将来の職業選択にも幅が出てきます。倍率が低く、さらに市場の開拓が見込めそうな分野の教育を子どもに提供していくことも、親の役割として重要なのかもしれません。