• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 新しい概念Society5.0と家庭教師の関係

    society5_0 このページでは、最近創出された新しい概念、Society5.0と家庭教師の関連性について考えていきます。

    Society5.0はまだ一般には知られていませんが、国が主導になって普及の可能性を探っており、文部科学省もその流れに沿って、主に科学技術分野での連携を模索しています。
    一体Society5.0とは何なのでしょうか。
    そして、Society5.0に対応できる人材づくりは家庭教師には可能なのでしょうか。

    東京一極集中をなくすSociety5.0と家庭教師のあり方

    Society5.0は、国が定めた第5次科学技術基本計画の中で提唱した新しい概念です。
    具体的には、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会で、仮想空間と現実空間を合わせたシステムによって、経済発展と社会的課題の解決をする人間中心の社会のことを言います。

    今、東京を中心とした都市部で開発されている技術を地方に導入して、格差をなくしていくというのがSociety5.0の大きな考え方の一つで、今後科学技術、そして教育の分野もそれに対応した人材を求めることになります。概念としては新しいかもしれませんが、近い将来家庭教師も巻き込まれていく世界なのです。

    Society5.0を教育に落とし込める東京の家庭教師の要件

    例えば、今の地方では過疎化により、中山間地域に物資か届かず、いわゆる「買い物難民」が続出しています。

    Society5.0の考え方では、まずAI(人工知能)によりこうした地域の物流を分析し、不足している物資を割り出します。そして、ドローンや自動運転車により必要な物資を運び、人々のもとに届けていきます。

    高度に情報化された東京に住んでいるとSociety5.0の概念は捉えにくいかもしれませんが、視野を日本全国に広げると途端に身近なものになります。
    子どもに対してこうした情報で知的な刺激を与えられることが、家庭教師に求められる要件なのです。

    Society5.0を教えられる家庭教師を東京で探す方法

    Society5.0を子どもに教えるにあたっては、まずSociety5.0という最新の概念を理解する情報リテラシー、そして、Society5.0を具体的に社会的課題に落とし込めるだけの社会問題に対する知見と柔軟な発想力が必要です。そのため、いくら人口密集地の東京といえども、対応できる家庭教師を探すには苦慮するかもしれません。

    人材としては、かなりの高学力を持ちながら、それをわかりやすく子どもに教えるスキルが必要なので、最低でも教員免許保有は求めたいところです。
    それに加えて、AIなどの最新技術についても情報収集できる人材が望ましいので、ターゲットとしては記者・ライターといったメディア関係職種に就いたことのある人材が適任かもしれません。

    東京では特に私立大学がメディア系人材の輩出に長けているので、大学経由での「一本釣り」が最も早い人材の確保方法です。

    まとめ


    Society5.0には経済界も注目しており、今後社会においての人材育成が加速していきます。
    特に、AIの分析結果を使いこなすデータサイエンティストなど、より専門性の高い職業への需要が増していきますので、将来のことを考えると早い段階からSociety5.0の概念を教育に取り入れ、社会の流れに備えていく必要があると考えられます。
    Society5.0を受けた教育カリキュラムが学校現場に導入されるまでまだしばらく時間がかかりますので、家庭教師を活用して一歩先の教育を始めていきましょう。