• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師だからできる高IQ発達障害児教育

    家庭教師だからできる高IQ発達障害児教育 このページでは、高IQ発達障害児の教育を家庭教師に依頼する方法について考えていきます。

    発達障害児教育は国や東京都教育委員会でも力を入れていますが、高IQ発達障害児については通常学級での教育が基本である上、その適性ゆえに他の発達障害児とは切り分けた独自の教育が必要になります。高い知能を活かして進学を目指しつつ、バランスよい教育をするにはどうしたらいいのでしょうか。

    高IQ発達障害児をめぐる東京の教育環境と家庭教師

    40人学級の場合、発達障害児は1~2人いると言われており、発達障害児自体はそれほど珍しいものではありません。

    ところが、高IQ発達障害児に関しては、全人口の約3%程度に留まっており、認知が進んでいません。背景としては、高IQゆえに通常学級に適応できてしまうケースが多いこと、そして、科目成績自体が高いため、むしろ優等生とみなされるパターンも少なくないことが挙げられます。

    しかし、本人は対人関係などで問題を抱えており、非常に辛い学校生活を強いられていることが少なくないのです。

    国や東京都教育委員会では発達障害児教育に関する各種の計画を立てていますが、これはあくまでも発達障害児の「できない」部分に着目した構成になっており、できないことが限局される高IQ発達障害児にはそぐわない部分が少なからずあります。こうした場合、家庭教師による個別の指導が俄然有利に働いてくるのです。

    高IQ発達障害児の教育にあたり東京の家庭教師に求められること


    高IQ発達障害児の場合、高IQを活かした高い水準の科目教育と、発達障害特有の能力の凸凹に対応するフォロー教育との二面的教育が必要になります。

    科目教育に関しては、学校教育のレベルが低く感じてしまいストレスを感じているケースが少なからずあるので、学年にこだわらず、最大限度の勉強をさせてあげましょう。ただし、一部の学校教師はそのような子どもを嫌がる傾向もあるので、「テストの時、ここはちょっと手加減しようね」などといった処世術を教える工夫も必要です。東京であれば難関校レベルの参考書なども容易に手に入りますので、私立進学の有無を問わず活用する余地はあるでしょう。

    一方、フォロー教育に関しては生活態度面が主になってくると思います。忘れ物チェックリストの活用や、効果的な休憩の挟み方など、細やかな指導が必要になるので、家庭教師にも高いスキルが要求されます。

    東京で高IQ発達障害児を担当できる家庭教師を探す方法

    高IQ発達障害児の指導に当たっては、高い学力と発達障害に関する深い理解が必要なので、家庭教師がたくさんいる東京でも人材を探すのは難しいと思います。一番早いのは、発達障害児教育に対応している大手家庭教師派遣会社を活用する方法でしょう。

    個別で家庭教師を探す場合、選択肢に入れたいのがピアサポートのできる家庭教師です。ピアサポートとは、自分も同じ障害を抱えながらサポートのできるスキルを持つことを指しており、実際難関校出身者の一部は、自分が発達障害を持っていることを自覚した上で、様々な困難を乗り越えた体験を持っています。こうした人々は社会貢献への意識も高く、地域福祉センターなどにボランティアで出入りしているケースが多いので、センターに相談してみるのもいいかもしれません。

    まとめ

    海外では、高IQ発達障害児は「ギフテッド(恵まれし者)」と呼ばれ、特別な支援プログラムのもと、のびのびと個性を活かしているケースが多いです。
    日本でも一部の大学を中心にこうした教育が実践されていますが、まだ門戸が狭いのが実情です。
    学校教育では画一的な教育しか行わないため、高IQ発達障害児は適応に苦労し、自己肯定感を下げてしまいます。
    お子さんが高IQ発達障害と判明したら、早めに家庭教育を充実させていきましょう。
    将来の天才的人材は、その中から生まれてくるのかもしれません。