• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師だからできる安全教育

    安全教育 このページでは、家庭教師だからこそできる安全教育について考えていきます。安全教育は科目にこそなっていませんが、子どもが安全に毎日の生活を送るにあたって欠かせないものです。では、その安全教育を、あえて家庭教師に依頼することにはどんな意味があるのでしょうか。

    背景には、国と東京都が考えている安全教育と、実際の安全教育のニーズとの大きな隔たりがあるようです。安全教育を巡って何が起こっているのか、詳しく見ていきたいと思います。

    国と東京都の安全教育と家庭教師との関係

    国が安全教育という場合、一般的に学校内安全教育を指します。学校内安全教育とは、学校で安全な生活を送るにあたって、どのような教育が必要か、という内容を示したものです。そのため、子どもが多くの時間を過ごす地域や家庭での安全についてはほとんど考えられていません。

    一方、東京都が想定している安全教育は、主に防災教育を指しています。近い将来訪れるとされている首都直下型地震を中心とした、災害に対する備えが中心の話題となっています。

    ですが、本当に子どもに必要な安全教育は、学校の外で普段の生活を送るにあたって必要な教育です。これについてはどこも教育の範囲としていないことから、どうしても家庭でカバーする必要があります。ですから、家庭教師に安全教育を依頼することはあながち的外れではないのです。

    東京の家庭教師が安全教育をやる方法

    安全教育と言うと身の安全だけを想定しがちですが、今の時代は心の安全の確保も必要です。身の安全で大きい部分を占めるのが、交通安全教育と防犯教育です。

    交通安全教育は地域の自治会や交通安全協会などが定期的に講習会を開くので、家庭教師と一緒に参加するのが一番簡単な方法です。防犯教育についても同じように講習会が開かれますが、家庭教師にお願いするのはむしろ防犯教育の心の面でのアプローチでしょう。

    心の安全の確保として必要なのは、情報教育と防犯教育です。特に、SNSなどインターネットを通じた犯罪や、いじめといった事象からの回避が、心の安全教育として重要になります。家庭教師は一番近い大人の一人として、子どもの異変に気付きやすい立場にいますので、親御さんと連携していくことが十分可能だと言えそうです。

    安全教育が可能な家庭教師を東京で探す方法

    家庭での安全教育には、情報リテラシー、危機管理能力、社会性など多くの要件が問われます。そのため、家庭教師に安全教育を依頼する場合には、ある程度社会経験を積んだ既卒の家庭教師をつけることが望ましいでしょう。

    できれば、IT関係や教育関係、警察・司法関係など、情報や防犯といった安全教育に関連する分野に関する基礎知識を持った人選をするのが良いかと思います。いずれも、東京であれば人材を探すのにそれほど苦労はしないと思います。

    安全教育のスキルと共に家庭教師に求められるのが、より子どもに近づくことのできる人間力です。
    特に、子どもはSNSでのトラブルはなかなか人に話しづらい傾向があるので、場合によっては親御さんよりも近い距離感を確保できる人材が必要です。こればかりは相性の問題もあるので、お試し期間などを使って適性を見極める方が早そうです。

    まとめ

    東京では不特定多数の大人と接するチャンスが多い分、子どもがトラブルに巻き込まれる可能性もどうしても高くなります。
    その中で、日常生活をいかに安全に送るか、基本的な知識と技術を子どもに伝えていくことが非常に大切です。
    早い段階で安全教育を進めておけば、大人として自立した後も、事件や事故に巻き込まれることなく生活を送ることができます。家庭教師の強みを生かして、是非安全教育も進めていって欲しいと思います。