• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 口コミから探す

    家庭教師センターは数多くあります。当サイトでは各家庭教師センターを利用された方の口コミ投稿を公開しております。実際の利用者の“生の声”を聞いて、失敗しない家庭教師選びをしましょう。

    家庭教師の口コミ一覧the catalogue of bush telegragh of tutors

    口コミを投稿する

    中学校の1、2年生の時は塾に通っていたこともありましたが、部活との両立や成績の変動が少なくなってきたことから家庭教師を考え始めました。ノーバスさんとトライさん、学研さんに資料請求をしてそれぞれ体験授業を受けましたが、娘はノーバスさんの講師が一番相性が良かったみたいで、授業後の感想を聞いた際は一番多くしゃべっていました。よっぽど相性が良かったんだな、と保護者ながらに驚いた位です。口コミを見ても納得させられるようなものが多く(もちろん?良い評判だけではありませんでしたが。)会社の対応もしっかりしていたことからノーバスさんに決めました。中高一貫校の私立に通っている為、家庭教師を始めてから受験はまだ体験していないので受験時のフォローなどはまだ分かりませんが、成績に関しては徐々に上がってきています。今の学校が進学校の為、成績毎(テスト毎)にクラスが変わるのすが、中学入学時には20弱あるクラスの中で下から数えた方が早かったクラスも今では上から2番目にまで上がってきています。この調子でいけば来年の大学入試までには十分な成績と自信を持って入試に臨めるのではないかと期待しています。
    あと、途中(高校1年の時)で挫折しかけた時に先生にかけてもらった言葉?約束?(わたしには教えてくれませんが)が娘の精神的な支えになっているようで、その後は順調に、意欲的に勉強に取り組んでいます。医学部を目指しているので道は険しいと思いますが、娘には頑張ってほしい、そしてノーバスさんにも引き続き頑張ってフォローをお願いしたいです。

    算数・数学を克服 このページでは、家庭教師を利用することで出来る、独自の「算数・数学克服法」を紹介します。日本では、他の科目ができるのにも関わらず、算数・数学だけがどうしても苦手だというお子様が多数存在します。そこには、日本文化独特の「刷り込み」のほか、決定的な勉強法の間違いが存在します。

    塾講師ではまねをすることのできない家庭教師の強みを利用して、算数・数学を得意科目へと変えていきましょう。

    文化水準の高い東京でも家庭教師が算数・数学に頭を悩ませるワケ

    「算数・数学は何のために勉強するの?」そんなことを聞かれて答えに窮したことのある親御さんは多いのではないでしょうか。事実、学年が上がるにつれて難易度が明らかに上がっていく算数・数学は、高校の域に達するともはや何のためにやっているのかよくわからなくなってきます。実際に壁に直面しているお子さんにとっては、確かに算数・数学は苦痛でしょう。

    日本では、子どもの算数・数学への興味、特に女の子の興味が低い傾向があります。これは、「女の子が理系科目に強いなんて・・・」という文化的な「刷り込み」が背景に見られるもので、具体的なエビデンスはありません。実際、諸外国では女の子が理系科目に高い興味を持っている国もみられます。算数・数学が嫌いで苦手、というのは、文化的な背景による思い込みであり、東京の家庭教師も正直頭を抱えざるを得ないのです。

    東京の家庭教師らしく冷静に文章題を攻略する

    全国学力調査の結果を見ると、算数・数学のうちでも、文章題や統計の読解に課題があることが指摘されています。これは、特に地域差がなく、東京でも見られる傾向です。実は、子どもたちは長い文章を見て、「あ、これは難しい」と思い込んでしまうのです。基礎計算力は皆持っているわけですから、文章題と言う国語の問題さえクリアしてしまえば解ける話なのです。

    ここで出番が回ってくるのが家庭教師です。家庭教師は塾講師と違って、1問にかける時間に制限がありませんから、ゆっくり子どものペースに合わせて問題を解くことができます。誰がどのペースで解いているのか、何がどのくらいの割合なのか、といった細かい要素を少しずつ書き出すことで、最終的にスマートに文章題を解いてしまいましょう。「解ける」という成功体験さえ積み重ねて行けば、子どもは間違いなく成績を伸ばすことができます。

    東京の家庭教師だからできる「さかのぼり攻略」

    どれだけ算数・数学ができない子どもでも、確実にできるようになる勉強法として「さかのぼり攻略」があります。これは、とにかくスラスラ解けるようなレベルの学年まで一旦さかのぼり、そこからローラー方式でできない部分を潰していく方法です。場合によっては高校生でも、小学校高学年までさかのぼらないといけないこともあります。

    そうなると、自分の年齢に見合わないドリルや問題集を買わなければいけないので、お子さん自身には心理的なハードルが生じます。そこで、家庭教師の出番というわけです。東京なら書店がたくさんありますから、何か所か書店を回って、お子さんに合ったものを見つけてきてもらいましょう。

    なお、「さかのぼり攻略」には半年から1年という長い期間が必要になります。入試対策が必要な場合には、なるべく早く取りかかるようにしたいものです。

    おわりに

    算数・数学ができない、というのは思い込みの産物です。今までお伝えしたいずれかの方法を採用すれば、どれだけ苦手意識を持ったお子さんでも確実に算数・数学を得意科目に変えることができます。
    過去に、高校受験にあたって中学1年生レベルからの「さかのぼり攻略」を使った方もおり、入試時期には8割強の問題が解けるようになっていました。
    「うちの子は苦手だから」と諦める必要は全くありません。家庭教師と二人三脚で是非攻略を目指してください。