• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 口コミから探す

    家庭教師センターは数多くあります。当サイトでは各家庭教師センターを利用された方の口コミ投稿を公開しております。実際の利用者の“生の声”を聞いて、失敗しない家庭教師選びをしましょう。

    家庭教師の口コミ一覧the catalogue of bush telegragh of tutors

    口コミを投稿する

    家庭教師が消費者教育 このページでは、家庭教師が消費者教育を担っていくにはどのような方法があるかを考えていきます。消費生活には、食の安全・安心に関わるもの、環境に関するもの、契約や購買に関するものなど、学校教育の内容に直結するような要素が数多くあります。

    しかし、教員は消費生活に関するエキスパートではないので、教育内容にどうしても限りがあります。子どもは幼くして既に消費生活の中にいるわけですから、早期の消費者教育が必要になります。では、家庭教師は消費者教育にどのように関わっていけばいいのでしょうか。

    大量消費都市東京における消費者教育と家庭教師


    私たちの生活は生産活動と消費活動で成り立っています。特に多くの人口を抱える東京の経済は、大量生産と大量消費のサイクルで回っていると言っても過言ではありません。現在、文部科学省は消費者庁と連携して消費者教育を推進していますが、これは主に図書館・公民館などの公共施設や、大学での教育を視野に入れており、高校以下の学校教育は対象にしていません。

    学校教育はあくまでも学校という閉ざされた空間で展開されており、社会空間で行われる消費生活についてはあまり意識をしていません。このような状況の中、東京都は独自の情報発信を行って消費者教育を展開しようとしていますが、現場の意識が追い付いていないのが現状です。

    子どもに安全な消費生活を送らせるためには、早期から消費者教育を行っていく必要があります。その担い手のひとつとして候補に挙げられるのが家庭教師なのです。

    家庭教師が東京で効果的に消費者教育を進める方法


    大都市東京で家庭教師が消費者教育を行うには、まず子ども自身に、消費生活の真っただ中にいることを教えなければなりません。日頃目にする町の光景や、テレビCM、インターネット配信などには消費を喚起する様々な仕組みが入り込んでいます。

    また、ウェブサイトのリンクや、雑誌の記事などには、巧妙な仕組みで広告を閲覧させるための仕掛けがされています。こうしたものを見た時に、仕組みに気づけるかどうか、日常的に子どもに問いかけていく努力が家庭教師には求められます。

    消費生活に関しては、各種の公共機関がパンフレットを無償配布しているほか、図書館でDVDを貸し出している場合もあります。例えば、環境について学ぶとき、食生活について学ぶときなど、教科教育と直結した場面で、こうした無料の情報源を活用することが効果的です。

    東京で消費者教育のできる家庭教師を探す方法


    消費者教育に最も適当な家庭教師は、家庭科の教員免許状保持者です。東京には家政学部や教育学部が数多くあるので、人材を探すのはそれほど難しくないでしょう。若手の人材を希望するなら、該当する学部のある大学の就職支援窓口に直接相談するのが一番早いと考えられます。

    次に候補に上がるのは、役所の消費生活相談窓口や、消費生活センターなどに勤めた経験のある社会人です。このような職場は非常に激務で、結婚や出産を機に退職する女性が多いので、子育てが一段落した女性を当たってみると効果的です。

    最近では、キャリア採用を打ち出している会社も増えていますので、家庭教師派遣会社のほか、女性向け雇用支援センター、人材派遣会社など、色々なルートから人材を探すといいでしょう。

    まとめ


    最近民法が改正され、間もなく成人が18歳に引き下げられることになりました。成人年齢の引き下げに伴い、子どもは18歳になった時点で、今の20歳同様、契約や購買について権利と責任を持つことになります。
    早い年齢での消費者教育は、社会からの要請として既に必須となっているのです。

    消費行動は、日常のあらゆる現象と直結していることから、消費者教育は教科教育とも非常に相性の良い領域とも考えられます。教科教育と同等、あるいはそれ以上に消費者教育が求められる時代はすぐそこまで来ているのです。

    現代史教育 このページでは、家庭教師が現代史教育を担わなければいけない理由について考えていきます。

    学校、特に高校では、歴史の授業時間数に対して教えなければならない内容が非常に多いため、現代史教育は後回しにされたり、最悪の場合現代史教育が省略されてしまったりする傾向があります。

    しかし、過去に大学入試センター試験で沖縄返還に関する問題が出題されるなど、単なる教養だけでなく、入試対策としても本来現代史教育は非常に重要な位置を占めているので注意が必要です。

    近代都市東京で必要な現代史教育と家庭教師の関係


    東京は、徳川家康による開拓によって成立した、歴史的には非常に新しい都市です。また、東京大空襲によって多くの建築物や構造物が破壊され、そこから再建されたものがほとんどのため、現在私たちが東京で目にするものの多くは戦後に成立したものです。

    そのため東京という都市を理解するには、現代史教育は必須科目とも言えるのですが、残念ながら学校ではほとんど教育が行われていません。背景には、現代史は歴史が浅く解釈が色々と別れてしまうため、教育の基礎とする情報が不足しているという現状があります。

    ただ、入試に出題されていることも考えると、現代史教育にブレーキをかけてしまっている現状は、必ずしも良いとは言えません。そのため、家庭教師が現代史教育をある程度担っていく必要があるのです。

    東京の家庭教師が現代史にアプローチする効果的な方法

    現代史は、私たちの生活と密接にリンクしているので、生活の端々から材料を拾ってくることができます。例えば、普段多くの人が行き交う駅に、ごみ箱がほとんどないのはなぜでしょうか。
    理由は、20年以上前に、東京で鉄道網を使った大規模テロが発生したからです。

    この事件以来、保安の目的で東京の多くの駅からごみ箱が撤去されました。また、東京の多くの地域でフリーWi-Fiが整備されているのは、東日本大震災時の電話網寸断が教訓として活きているからです。

    このように、東京で見られる生活の不便さ、あるいは生活の快適さには、必ず現代史の中で起こった事件・事故の影響が隠されています。
    現代史を教える家庭教師には、日々の生活ネタを現代史教育に結び付ける柔軟な発想が求められるのです。

    現代史教育のできる家庭教師を東京で探す方法

    歴史教育というと、どうしても社会科、あるいは歴史の教員免許状保持者を候補として挙げたくなります。しかし、教員養成課程ではそもそも現代史自体の教育がほとんど行われていないため、教員免許状の保持は必須条件とは言えません。

    代わりに重視しておきたいのが、ある程度社会経験を積み、現代史の中を生きてきた40代以上の社会人家庭教師です。特に、ここ20~30年の間は、現代史の中でも特に重要な事件・事故が多発しているので、それらをダイレクトに経験している人材が望ましいでしょう。

    また、現代史は解釈が分かれてしまうため、これといった教育に関する基準は定められていません。東京ならではの豊富な情報源を駆使し、十分な検討をした上で教育に落とし込むことのできる、リテラシーの高い人材が求められていると言えます。

    まとめ

    現在検討されている新しい高校の学習指導要領の中では、日本と世界の近現代史を集中的に教える「歴史総合」科目の新設が検討されています。現代史教育が圧倒的に不足している現状は学校現場も十分認識しています。

    しかし、現代史教育が実際に展開されるにはまだしばらく時間がかかりそうです。現代史に関する知識は、これから発生する可能性のある不測の事態に対応するには必須となります。
    家庭教師を活用して、いち早く現代史教育を進めていきましょう。