• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 口コミから探す

    家庭教師センターは数多くあります。当サイトでは各家庭教師センターを利用された方の口コミ投稿を公開しております。実際の利用者の“生の声”を聞いて、失敗しない家庭教師選びをしましょう。

    家庭教師の口コミ一覧the catalogue of bush telegragh of tutors

    口コミを投稿する

    家庭教師による体育指導 このページでは、家庭教師による体育指導がどこまで可能かということについて迫っていきたいと思います。家庭教師というと5教科教育しかないようなイメージがありますが、最近では体育指導を謳った家庭教師も出てきました。ただ、座学メインの5教科教育と比べると、家庭教師による体育指導はかなりの制約を受けるようです。

    では、お子さんに合った体育の家庭教師を見極めるにはどうしたらいいのか、お伝えしていきます。

    東京ならではの体育事情と家庭教師

    スポーツ庁の調査によると、最近の子どもは親世代と比べると、圧倒的に体力・運動能力が不足しているといいます。主な原因は運動不足と身体操作能力の低下とされていますが、残念ながらその両方を満たしてしまうのが東京という地域です。

    東京では道が狭く、公園や広場もあまりないことから、そもそも運動をする場所がありません。それに加えて、エスカレーターやバリアフリー通路などの普及によって、普段の身体活動自体への負荷が極端に低い状態にあります。
    意図的に体を動かさないと、子どもの体は衰弱する一方なのです。

    そんな中、最近では体育指導を行う家庭教師派遣会社が増えてきました。しかし、スポーツクラブなどに通わせる場合と比べたメリットやデメリットについてはあまり語られていません。
    では、実際のところ、家庭教師による体育指導はどこまで可能なのでしょうか。

    体育指導の家庭教師を東京で探すコツ

    インターネットで検索すると、体育指導を謳った家庭教師に関する情報は多数ヒットします。しかし、多くの場合、「家庭」での教育ではなく、「個別指導」に関する情報しか出てきません。
    一体、これはどういうことなのでしょうか。

    体育の場合、5教科教育と違って施設や設備が必要になるケースがほとんどです。そのため、特に敷地面積に制限がある東京では、厳密には家庭教育ではなく、小規模教室で個別指導する形で体育指導を行っています。
    ただ、その場合、お子さまの自尊心に関わる問題が出てきます。

    例えば、「逆上がりができない」「跳び箱が跳べない」といった現象を、お子さまは恥ずかしいと捉える傾向があります。そういった心理を考えると、小規模教室であっても他の子どもがいる環境は避けたいものです。
    こういう点を考え合わせると、一対一で教室を使える個別指導もどうやら合わせて検索する必要がありそうです。

    東京で体育指導の家庭教師を探す時に気をつけたいこと

    個別指導と個人運営の家庭教師で、最も差がつくのがスポーツ保険の問題です。個別指導では会社で一括してスポーツ保険に加入させますが、個人運営ではそこまで手が回らないのがほとんどです。
    そのため、小規模派遣業者に依頼する場合や、知人のつてで体育の家庭教師をつける場合は、必ず任意のこども保険に加入しましょう。
    また、怪我や障害を負った場合の責任の所在についてもあらかじめしっかり打ち合わせをしておきたいところです。

    さらに、施設・設備が必要な種目の場合、スポーツクラブなどと違って別途施設の予約等が必要になる場合があります。これについては、公立のスポーツ施設を借りるのが最も安い方法ですので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。
    スポーツ施設については区市町村のホームページや、東京都が運営しているポータルサイトに掲載されているので、詳しくはそちらを参照してください。

    まとめ

    体育は単なる娯楽のように捉えられてしまいがちですが、お子さんの将来の健康や安全を考えると、軽視できない科目です。特に身体操作性については、成長期にどれだけ伸ばせるかが老年期まで影響してしまいますので、しっかりと育てていきましょう。

    幸い、東京ではスポーツイベントもたくさん開催されますので、家庭教師にお願いをしてそういったイベントにお子さんを連れて行ってもらうのもいいかもしれません。苦手な科目になりがちな体育を攻略して、自己肯定感を育む教育をしていきましょう。


    youtuber このページでは、家庭教師がキャリア教育にどう関わっていくかということを考えたいと思います。家庭教師は、子どもが育っていく中で比較的深く関わっていく、数少ない大人の一人です。

    当然、子どもの進路には大きな影響を与えることになります。では、家庭教師はその大きい役割にどのように応えていくことになるのでしょうか。決して無視できないキャリア教育の中身についても見ていきましょう。

    国や東京都のキャリア教育方針と家庭教師


    国のキャリア教育の定義は比較的広く、単なる職業に関する教育だけではなく、職業に就くにあたって必要な「人間関係形成力」「情報活用能力」「将来設計能力」「意思決定能力」といった総合的な能力の養成を目指しています。

    しかし、東京都などの実践例を見ていると、職業体験・インターンや高校生による小中学生への授業、専門課程における養成プログラムの実践など、職業の「実践」に関わるカリキュラムに偏っています。

    なぜ、このような乖離が起こってしまうのでしょうか。

    大きな原因は、教員自身が他の職業を経験していないという点にあります。教員の多くは最初から教員を目指して進路を決めていますから、教員以外の世界を知りません。その点で、家庭教師は、教員以外の社会人の世界を知っている、数少ない大人の一人なのです。

    多彩な職業がある東京では家庭教師によるキャリア教育が必須


    人口も仕事も少ない地方では、将来的に安定して稼げる仕事は銀行員か農協か公務員か・・・などと言われてしまいますが、東京は人口も産業も集中している分、仕事にもバリエーションがあります。

    一般にはあまり知られていないけれども、確実に稼いで行けるニッチな業界も当然ながら存在します。ただ、狭い世界しか知らない教員にとって、それらは反対材料にはなりこそすれ、子どもの進路の応援材料にはなりにくいでしょう。こうした場合のコーチングができるのは、親御さんか家庭教師しかいません。

    国が提示しているキャリア教育の要素は、特別なものではなく、例えば国語教育の表現単位や情報教育など、教科教育の要素に密接に関係しています。家庭教師側に要求されるスキルは、それほど特殊なものではないはずなのです。

    東京でのキャリア教育に対応できる家庭教師の要件


    キャリア教育にあたって最も家庭教師に求められるのは、度量の広さです。
    例えば、子どもがユーチューバーになりたいと言った場合に、否定も肯定もせず、ユーチューバーにはどのような素養が必要なのか、そしてそもそもYouTubeはどのような収益システムになっているのかを学ばせるといったアプローチのできる人間が求められます。
    その点では、若い家庭教師より、社会人経験のある家庭教師の方がキャリア教育には向いているでしょう。

    また、東京では目指す職業の人に会える確率も高いため、家庭教師にはそういった人につなげられる人脈の広さも求められます。

    どちらかというと、学歴重視より人柄重視の採用となるため、親御さんのスキルが試される部分もあります。面接でしっかりコミュニケーションをとり、よりよい人を採用しましょう。

    まとめ


    キャリア教育のゴールは、単に高収入の職業に就ける人間を育てることではありません。職業生活を通して、自分の満足できる人生を歩むことができる人間を育てることです。その点で、単なる教科教育のスキルでは足りない部分も往々にしてあるでしょう。

    ですが、家庭教師も職業人の一人ですから、キャリア教育は決して不可能ではないはずです。学校では学べない事柄を教えてくれる家庭教師を、これを機に発掘してみてはいかがでしょうか。