• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 平均点以下の子どもこそ検討すべき!家庭教師という選択

    平均点以下の子どもこそ家庭教師を検討
    「うちの子って落ちこぼれ?」そう感じたら、ぜひ一度家庭教師という選択肢を検討してみてください。「落ちこぼれである」というのにも、何かしらの理由があるはずです。

    成績アップの妨げとなっている原因とは何でしょうか。もちろんその子どもによって様々あるでしょうが、家庭教師を利用することで解決する場合も多いのです。家庭教師の利用で解決につながる、勉強ができないよくある3つの理由について解説していきます。

    学習習慣が身についていない


    勉強ができる子とそうでない子の差が大きく出やすいのは、学習習慣の有無です。学校の宿題以外の学習をいかに行っているかが分かれ目となります。通信教育や市販の参考書、タブレット教材などツールは何でも構いません。重要なのは自ら机に向かう姿勢があるかどうかです。習慣になってさえしまえば、実は子どもにとっても自宅学習は苦痛なものでもありません。

    ただそれをごく当然のようにできるようになるまでが難しく、そのサポートとして利用したいのが家庭教師という存在です。自宅で勉強する環境で、しかも生徒に応じた学習のスケジューリングまで行ってもらえるのは大きなメリットです。家庭教師の利用者が、必ずしも「東京の有名中学を受験する」などの動機があるわけではありません。学びの習慣を身につけるのにも、実は家庭教師が有効なのです。

    勉強の仕方が分からない


    保護者が気づいていないケースが多いのがこれ、子ども自身が勉強の仕方を分かっていないことです。学校の宿題は出されているからやる、それ以外は何をすればよいのか分からないといった子どもが非常に多いのです。誰もが当たり前に予習復習したり、学習計画を立てたりできるわけではありません。

    そのあたりのフォローをご家庭でするのが難しい場合には、家庭教師を検討してみてください。このように勉強の仕方が分からないケースでは特に、塾ではなく家庭教師がおすすめです。それはやはりマンツーマンで行うからこそできるサポートだからです。

    子どものレベルや性格に応じて、学習の進め方を指南してくれるのは家庭教師ならではの強みです。初めにそのあたりの要望さえ伝えておけば、自ら学習を進められるようになるようなフォローをしてくれるはずです。

    学びの環境を有効活用できていない


    塾通いをしているのに成績が上がらないといった場合もありますよね。当然、講師の力不足や塾のサポート不足といったことが要因としてあります。

    また、通信教育などを利用して自宅学習に取り組んでいるのに成果が感じられないといった場合もあるでしょう。もちろん、教材のレベルが合っていないなどの原因も考えられます。

    ただ少し気にしてみてもらいたいのが、そういった学びの環境を有効活用できているかといった点です。それは子どもが真面目に取り組んでいなかったということでなく、子どもの性格に合わない学習方法だったのではないかという点です。

    集団塾ではやはり、疑問点を積極的に質問する姿勢が必要ですし、通信教育においても、解説を読んで分からない部分を自己解決していく術を身につけることが求められます。そのため子どもの特性によっては、マンツーマンで丁寧に指導してくれて疑問点をすぐに解決してくれるような家庭教師との学習が向いていることもあるのです。

    平均点以下の子どもこそ家庭教師を検討まとめ


    子どもの成績が悪いと悩んでいる、自分では頑張っているつもりなのに結果が出ないといったお悩みがあるご家庭では、ぜひ一度家庭教師の利用を検討してみてください。

    家庭教師を利用しているのは、東京の有名校を目指している子どもだけではありません。会社やコースによっては比較的リーズナブルな授業料で利用できることもあり、一昔前と違って家庭教師は特別な選択肢ではなくなっています。受験目的だけでなく、学習習慣や自習のやり方を身につけるといった活用法もおすすめです。まずは体験学習などを通じて、ご家庭でのお悩みを相談されてみてはいかがでしょうか。