• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師だからこそできる発達障害のケア

    家庭教師だからこそできる発達障害のケア 近年、東京都内だけではなく、全国各地でも「発達障害」という言葉に対する認識が広まってきていますが、まだまだ欧米の先進国に比べると、発達障害そのものへの正しい理解はもちろん、発達障害を抱える子どもへのきちんとしたケア体制が整っていない日本。

    学校などの教育の現場だけではどうしてもサポートしきれない部分が出てきてしまう現状だからこそ、経験豊富な家庭教師の力を借りて、本当に子どものためになる発達障害との向き合い方を考えてみてはいかがでしょうか。

    家族による理解と協力、家庭教師による丁寧なサポートが大切


    一口に発達障害と言っても、社会的な振る舞いや他人とのコミュニケーションなどを苦手とするアスペルガー症候群自閉スペクトラム症(ASD)、落ち着いて着席していることや集中することを苦手とする集中注意欠如多動性障害(ADHD)、読み書きなどの基本的能力の習得を苦手とする学習障害(LD)などさまざまなものがあり、子どもによってもその程度や症状が異なります。

    1クラス単位などでのグループ教育を軸とする学校ではなかなか子ども1人1人と真摯に向き合ったケアをすることが困難であり、きちんとしたケアを受けずに大人になってしまうことも少なくありません。発達障害を抱える子どもの健やかな成長のためには、やはり家族の協力と理解、専門知識や経験の豊富な家庭教師などによる適切なサポートが必要不可欠です。

    東京にも専門的知識を持った家庭教師がたくさんいますので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

    個性としての発達障害とのつきあい方


    以前までは認識不足のため、発達障害イコール病気というようにカテゴライズされていたことも少なくはありませんでした。科学的進歩とともに、徐々に発達障害の仕組みなどにも有効なアプローチが明確になってきました。

    しかし、日本ではいまだ発達障害の子どもに対する有効なアプローチが著しく不足している傾向にあり、これには、日本特有の文化的・歴史的な背景なども関わっていると言われています。

    発達障害では、1人1人症状や傾向が異なることもあり、早期の的確なアプローチが大切になります。発達障害があるからと線引きをしてしまうのではなく、発達障害というひとつの個性とまっすぐ向き合いながら、子どもが前向きに進んでいける方法を切り開いていくというアプローチをぜひ家庭教師と目指してみてはいかがでしょうか。

    家庭教師による充実した指導を活用し、子どもの持つ能力に自信をつけてあげることや劣等感を抱かない温かい環境を定期的につくってあげることなどでの精神的な安定を図ることも大切です。

    1人の子供とまっすぐに向き合えるのは家庭教師だけ


    実際に、すでに学校では特別支援学級などのクラスで勉強をしているという家庭もあるかと思います。しかし、特別クラスの場合も、生徒1人に対し先生が1人つくという状況を取るのは難しいものですし、学年はもちろん発達障害の程度や症状が異なる子どもが同じクラスに属しているという状況では、必ずしも子どもに適した環境が整っているとは言えません。

    本来子どもが持つ能力を抑制してしまっていたり、適切ではないアプローチや環境が精神的苦痛につながってしまったりする場合もあります。発達障害を抱える子どものために家庭教師ができることは、単なる学習サポートだけではありません。

    学校だけではフォローが難しいメンタル面でのサポート、子どもの持つ個性を尊重しながら社会に出ていく準備をするサポート、ご家族の皆さんへのアドバイスなどの幅広いサポートが可能なのは、やはり家庭教師ならではのメリットとなります。

    まとめ


    現在、15人に1人程度、東京都内の有名校などでは5人に1人の子どもが発達障害を抱えているとも言われています。実際に、お子さんが少しほかの子と違うかもしれないと感じている方、学校の先生から何かしらの指摘を受けたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。発達障害で何よりも大切なのは、その個性とどう向き合っていくかという点です。

    周りの誤った認識が理由で症状を悪化させてしまっているケースもありますので、東京にも多く存在する発達障害のケアを専門とした家庭教師の力を借りて、ぜひ子どものことを一番に考えたサポート環境を整えていただければと思います。