• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 小学生のためのオンライン家庭教師

    小学生のためのオンライン家庭教師

    小学校から大学に至るまで、いま学校ではオンライン授業を積極的に導入しようという動きが見られます。それは学習塾や習い事にも及ぶ流れであり、これからを生きる子どもたちにとっては当然の選択肢となっていくことでしょう。実際、東京の家庭教師会社でもオンライン授業を始める会社が多くあります。オンライン家庭教師で学ぶことのメリットやデメリットについて考えてみましょう。今回は特に小学生にフィーチャーしたいと思います。


    今後必要なスキルを身に付けることにも


    オンラインでやり取りして勉強する、このスキルは今後欠かせないものとなるでしょう。スマホやタブレット、パソコンを与えるのはまだ早いと躊躇する親御さんもいるようですが、適切に使いこなす能力を身に付けるうえでは問題視すべきことではないはずです。むしろ、今後求められる能力の育成につながると考えられます。


    多くの小学校ですでにICT機器が導入されており、ICT教育に積極的な学校が増えています。情報処理および活用能力、情報モラルなど、いまの小学生が当然身に付けるべきスキルを習得するためには、オンラインで授業を受ける経験は有効だと考えられます。オンライン家庭教師だと比較的授業日時の融通が利きやすいので生活に取り入れやすいというメリットもあります。家庭教師会社を探す際の選択肢としてオンライン授業の有無を取り入れてみても良いでしょう。


    オンライン授業の課題点


    オンライン授業が有用な点には注目するべきですが、そのデメリットについても知っておく必要があります。パソコン等の機器を使う環境と、コミュニケーションや情報共有の困難さに関しては考えておく必要があるでしょう。


    オンライン授業が中心になると、目や耳、身体への影響に考慮しなくてはなりません。学習時間のみならそう大きな問題ではありませんが、普段からスマホをよく使っているなど、1日全体を通してどうなのか検討した方が良いでしょう。


    またオンラインでは音声の聞き取りづらさが生じたり、ノートの内容などを即座に共有しづらかったりするものです。ただしこれらの問題に関しては、家庭教師による工夫、互いの慣れによって解決し得るものです。現代を生きるのはデジタルネイティブの子どもたちだということを考えれば、実はそう大きな障壁ではないのかもしれません。


    低学年は対面授業のほうが良い?


    オンライン家庭教師は基本的に小学生にとってもメリットが大きいと考えますが、低学年の子どもにとっては絶対におすすめだとは言い切れない部分が大きくなります。オンラインでのコミュニケーションには賛否がありますが、確かに低年齢の生徒と信頼関係を結ぶには直接会って話をした方が良いと思われます。年齢が低いほど、先生と積極的にコミュニケーションをとり良い関係を築く過程が重要だからです。


    さらに言うと、デジタルネイティブとは言えまだ勉強のやり方すらままならない子どもの場合には、オンライン授業をスムーズに進めるのは難しいかもしれません。先生からの指示をうまく理解できなかったり、疑問点を伝えられなかったりする可能性があります。そうすると親のサポートが必要となり、家庭教師ならではの良さを活かすことができなくなるかもしれません。


    まとめ


    東京の多くの小学校ではすでにICT教育が推進されています。家庭教師をはじめとした家庭学習でもオンラインで、という流れになりつつあります。超情報化社会の到来に向けて、オンライン授業で学ぶことには多くのメリットがあると考えて良いでしょう。


    お子さんの年齢やご家庭の方針によって是非を考えると良いと思いますが、一度比較してみることをおすすめします。東京には家庭教師会社が多く比較検討が十分できる環境にあるので、タイプの違った会社をいくつかピックアップして体験授業などを利用してみてください。