• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 「コーチング」ができる家庭教師とは

    「コーチング」ができる家庭教師とは 会社においても学校においても、指導をする際にはティーチングだけでなくコーチングという視点が大切だと言われます。それは家庭教師による指導でも同様のことが言えます。

    家庭教師を利用する目的は、東京の有名校や志望校に合格すること、そのために成績を上げること、そしてその前提として勉強のやる気を引き出すことにあると言えるでしょう。その「やる気」に大きく関わってくるのが、コーチングを活用した授業です。

    「ティーチング」と「コーチング」の違い

    ティーチングは、基礎知識を学ぶためには効果があると言えます。しかし、やる気や自主性を引き出すためにはティーチングだけでは十分ではありません。むしろ一方的なコミュニケーションになりがちなので、ティーチングだけを続けていくと、モチベーションの低下にもつながりかねません。

    コーチングすることで、「自分で挑戦したい」、「結果につなげたい」といった子どもの気持ちを高めていきます。また、双方向のコミュニケーションが基本となるコーチングによって、先生と生徒の信頼関係を築くことにもつながります。

    ただしコーチングが万全というわけではなく、相互のバランスが重要です。分かりやすく的確に知識をティーチングしながら、生徒のモチベーションを高めるための声かけや取り組みを行なうコーチングが必要となります。

    コーチングスキルを持つ家庭教師も増えている

    塾や家庭教師を利用していてもなかなか結果につながらない原因として、塾にいるときや家庭教師が来ている時は勉強をしていても一人では机に向かわないことが挙げられます。そしてそこには、モチベーションの欠如が関係しています。コーチングを取り入れることによって、子どもが自ら気づき、自主的に行動するようになることで、解決につながるケースが少なくありません。

    そのことを理解している家庭教師は、コーチングスキルを身に付けて指導にあたっています。また会社の方針としてコーチングスキルを重要視しているところも増えているようです。家庭教師がするべきなのは、ただ単に勉強を教えることではありません。勉強の楽しさを伝えて、子どものやる気を引き出すことです。そう考えると、やはりティーチングとコーチングの両方が欠かせないというわけです。

    コーチングを取り入れた指導法とは

    コーチングを取り入れた指導法を具体的に紹介します。主なポイントは4つ、現状把握・動機づけ・目標設定・相互コミュニケーションです。まずは、現状の把握です。生徒の話に耳を傾けつつ、勉強に身が入らない理由や具体的な苦手分野を分析していきます。

    そして動機づけと目標設定に進みます。現状を変えるとどうなるのか、勉強することで何ができるようになるのかなど、生徒と一緒に考えます。そのうえで、具体的な目標設定を行ないます。短期的、長期的な目標を設定するのが望ましいでしょう。生徒自身が目に見えて分かりやすいように、学習計画を立てて明記しておくのがポイントです。

    ここまでの流れで共通して言えるのが、生徒との相互コミュニケーションです。現状について確認する際にも、今後について考えるうえでも、家庭教師が一方的に進めたのでは生徒のやる気につながりません。相互のやりとりが重要なのです。

    まとめ

    家庭教師を利用することの目的は、志望校合格や成績アップだという親御さんが多いかと思います。そこで、東京の有名大学出身だということで先生を選ばれるケースも少なくありません。出身大学で選ぶのも一つの方法ですが、その先生にコーチングのスキルがあるかどうかもぜひチェックしてもらいたいと思います。

    子どものやる気を引き出して、家庭教師のメリットを最大に生かすためには、ティーチングとコーチングのバランスを心得た先生を選ぶのが賢い選択と言えるのではないでしょうか。