• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 東京の難関中学受験に家庭教師と学習塾の併用は有効か?

    家庭教師と学習塾の併用 東京の難関中学校は、他県の学校に比べて非常に難易度が高いです。そのため合格を目指しているご家庭であれば、その学習方法について非常に悩まれることでしょう。学校の勉強だけでは到底たりませんので、それ以外の部分で学習をしていくことが必要になります。

    学校以外での学習方法として学習塾を利用することと家庭教師を利用することがありますが、その両方を併用して利用することには効果があるのでしょうか?難関中学校の受験と家庭教師と学習塾の関係についてまとめています。

    学習塾で出来る受験対策


    学習塾には非常に多くの受験に関する情報が集まっています。それは学校の情報だけではなく、過去の試験問題や試験合格のノウハウなどもあります。そういったものを基にして作られた教材やカリキュラムで学習をすることで、より効率的に受験対策を行うことが出来ます。

    また学習塾によっては学校と繋がりを持っているところもあり、受験生向けのイベントを紹介してくれたりより詳しい試験対策情報を得ることが出来たりする場合もあります。同じように目的に向かって一緒に頑張る仲間が居るということも学習塾の大きなメリットとなります。

    勉強を辛いと感じた時に、周りに頑張っている子がいると自分を奮い立たせることが出来ます。また塾によっては受験間近になると合宿があったり講習があったりと、モチベーションアップのためのイベントが用意されている場合もあります。そういったものも士気を高めて、頑張る意欲を生むものですので学習塾ならではの受験対策と言えるのではないでしょうか。

    組合せることでより良い効果を生む


    受験に関する情報は、やはり家庭教師よりもはるかに学習塾の方が豊富です。その情報に基づいて作られた教材やカリキュラムを使用しての学習というのは、受験対策として非常に効果的です。

    しかし、いくら良い教材を使用していたとしても集団での指導が基本である学習塾では、そこまで一人一人に対して手厚い指導が出来ないというのは事実です。

    また質問をする時間も十分には取れていない場合もあるので、どうしても分からない部分や苦手な部分が残ってしまいます。そういった部分をフォローすることが家庭教師による学習では出来るのです。十分な時間をとって丁寧に教えてくれますし、分からないところもじっくりと説明をしてもらうことができます。

    しかし家庭教師の先生が持っている情報量は限られていますので、それを補うことが出来るのは学習塾の持っている膨大な情報と教材です。このように学習塾と家庭教師はそれぞれ役割りが違いますので、双方を組み合わせて利用することで、より良い効果を生むことが出来るのです。

    まとめ


    結果的に言うと、受験対策として学習塾と家庭教師を併用して利用するということは非常に効果的なことであると言えます。学習塾で利用している教材やカリキュラムは膨大な情報やデータに基づいて作られたとても優れたものです。これを利用して学習することで対策はきちんと行うことが出来ます。

    しかしその有益な教材やカリキュラムを、きちんと全て学習塾の中で習得することが出来るかというとそうではありません。そういったところをフォローすることが出来るのが家庭教師の存在です。難しくて理解することが出来なかったところや、質問することが出来なかったところなどを家庭教師に丁寧に指導してもらうことで、穴のない対策をすることが出来ます。