• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 子どもの集中力と家庭教師

    子どもの集中力と家庭教師 「わが子は集中力がある」と自信を持って言える親御さんはどのくらいいるでしょうか。恐らくそう多くはないはずです。子どもの勉強に関する悩みとして上位にあがってくるのが、子どもの集中力についてです。しかし集中力というのは、トレーニング次第で高められます。

    東京には有名な家庭教師会社が多くありますが、その中でも多くの家庭教師が、生徒の集中力を高めることを意識しながら授業を進めています。そういった家庭教師のやり方を知って、ぜひご家庭でも取り入れてみてください。

    子どもの集中力とは


    集中が継続するのは、大人でも50分程度だといいます。さらにその中でも高い集中力が続くのは実に15分ほどだそうです。そう考えると子どもの「集中力がない」と感じられるのは仕方がないことかもしれません。ただ、早めにトレーニングを始めておけば、集中できる時間を伸ばすことは十分可能です。

    集中できない主な原因としては、他のことに興味関心が移りやすことが挙げられます。これは好奇心旺盛だと言い換えることができますし、決して「集中力がないとダメ」ということではありません。

    ただし、集中できる子どものほうが切り替えが早く、すぐに目の前の課題に没頭できるため、勉強ができるタイプだというのは事実です。試験を受ける際にも、即座に勉強モードに入れる子どものほうが有利なのは言うまでもないでしょう。東京の有名校受験を視野に入れている場合には、やはり集中力を高めるのは避けて通れないといえます。

    多くの家庭教師が実践している子どもの集中力の高め方


    子どもの集中力を鍛えるために家庭教師が授業で行なっている取り組みを3つ紹介します。
    1つ目は、勉強を始める儀式を決めてしまうことです。5分間の雑談をしてから授業を始める、簡単な復習テストをしてからその日の授業に移るなど、切り替えスイッチを固定することで集中モードに入りやすくなります。

    2つ目は、タイムアタックを取り入れることです。ストップウォッチなどで5分間・10分間など短めの時間を設定して、決められた時間内で問題に挑戦します。タイマーが鳴るまでに終わらせようとすることで、目の前の課題に没頭することができます。次第に、ゲーム感覚で楽しめるようになるはずです。

    3つ目は、成功体験の積み重ねです。5分間の集中でも、それを繰り返していくことで切り替えの仕方が体感的にわかってきます。家庭教師が誉め言葉をかけながら続けることで、子どものモチベーション維持させるのも大事なポイントです。

    家庭でもできる取り組みとは


    家庭教師が実践している方法を参考にして、家庭でも集中力アップのトレーニングをしてみましょう。
    たとえば、勉強する時間帯を固定してしまうことです。出掛ける前の5分間、お風呂に入るまでの10分間など、短時間から始めるのがコツです。まずはその時間だけ、気持ちを切り替えて机に向かう時間にしてしまいましょう。その際、ざっくりと大体5分にしてしまうのではなく、時間をきっちり5分間測ることが大切です。続けていると、子ども自身が「もう少し頑張れたかも」、「もうちょっとやりたかった」などと物足りなさを感じるようになります。

    また、ポジティブな声かけも非常に重要です。些細な成長を見逃さず、すぐに誉めることで子どもはやる気を出すものです。集中力について誉めることで、子ども自身も自覚するようになります。

    まとめ

    集中の仕方を知ったり、長く集中できるようにしたりするには、低年齢のうちからトレーニングを始めるのが有効です。しかし年齢に関係なく、取り組み次第で高めることは可能です。家庭教師が授業で実践している方法を参考にして、家庭内でも実践してみてはいかがでしょうか。子どもの集中力にまで意識を向けて授業に取り組んでくれるのは家庭教師のメリットのひとつです。子どもの集中力を高めたいとお考えの方はプロの家庭教師に相談してみるのもおすすめです。