• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師のコスパとは

    家庭教師のコスパ 漠然と「家庭教師は高い」と思っている方が多いのではないのでしょうか。確かに一般的に、塾や予備校よりも授業料が高いのは事実です。しかし最近は比較的リーズナブルな料金設定の家庭教師会社が増えているのもまた事実です。

    東京などの都心部では会社も多く、価格競争が生じている背景もあるでしょう。ただし今回目を向けたいのは、家庭教師のコストパフォーマンス、費用対効果についてです。授業料と期待できる学習効果を考えた時に、本当に「家庭教師は高い」のでしょうか。

    「高い」プロ家庭教師の価値


    家庭教師の会社には色々なコースやプランがあり、在籍している先生も様々です。中でもプロ家庭教師に依頼すると、授業料が高くなるのが一般的です。高額な費用を払ってでも依頼したい、プロ家庭教師のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

    プロとして家庭教師を生業としている以上、例えば学生家庭教師よりも責任感を持って仕事に取り組んでくれるはずです。指導歴が長い場合が多く、受験情報などもしっかりと研究していることでしょう。豊富な経験があることで、生徒一人ひとりに合った指導方法を模索して提案してくれるのもプロならではのことです。

    どんな場合に利用するべきかと言うと、東京のハイレベルな学校を志望校としている、早く確実に成績を伸ばしたい、などが挙げられるでしょう。一定以上のレベルでなければ、プロに教わる際のコスパが良いとは言えません。

    費用対効果


    家庭教師の費用対効果についてはどう考えたらよいでしょうか。答えはシンプルで、なるべく低料金で早く成果を出すことです。期待する成果については、お子さんやご家庭によって異なります。授業の遅れを取り戻す、成績を上げるなど、希望するゴールは一人ひとり違うはずです。そういった要望にいかにコミットするか、最適なアプローチ法をどう提案できるかが、家庭教師の良し悪しとも言えるでしょう。

    また目標を達成するまでの過程で、親子ともに満足のいく時間を過ごせているかどうかも重要になります。子どもは楽しく意欲的に机に向かうこと、親はフィードバックによってわが子の成長が感じられることなど、メンタル的な満足感があるのが理想的です。物理的・精神的に納得のいく内容であれば、恐らく費用については許容範囲が広がるはずです。

    目的に応じて会社や先生を選ぶことの大切さ


    プロの家庭教師は指導力もあり高い料金を払うだけの価値はあるでしょう。しかしそれが中学生の段階で必要かと言われれば、そうでないケースが多いはずです。当然高みを目指してハイレベルな学校を受験する場合には有効になることもありますので、教育費のバランスを考えながら検討されると良いでしょう。

    また、まずは勉強の習慣を身に付けたいという場合には、プロ家庭教師よりも身近な存在に感じられる学生家庭教師の方が効果が出やすいことがあります。歳の近いお兄さんやお姉さんと楽しく勉強する感覚が、習慣化につながるのです。

    つまり、家庭教師を選ぶ際には目的に合わせた会社や先生選びをすることが、コスパを高めるための最善策ということです。家庭教師に何を求めるのか、どこを目標としているのかを明確にしたうえで、会社や先生選びをしましょう。

    まとめ

    家庭教師にコスパを求めるならば、まずは家庭教師の利用目的や学習における目標設定を行なうことです。そのうえで、どのような会社や家庭教師が子どもに適しているのか、費用はどの程度が妥当なのかなどを検討してみてください。ホームページを眺めているだけでは分からないことも多いので、体験授業を通して比較するのがおすすめです。実際の授業を経験して判断する際には、ぜひお子さんの意見もしっかりと取り入れてあげましょう。