• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師のデメリットをもとに考える!家庭教師の選び方

    失敗しない家庭教師の選び方 家庭学習の習慣づけや受験勉強など、様々な目的で家庭教師が利用されています。東京では様々なサービスを提供する家庭教師がたくさんあり、今や塾と並んで勉強方法の選択肢の1つとして利用されています。

    マンツーマン指導や柔軟なカリキュラムといったメリットがある一方で、デメリットとなり得る部分も当然あります。今回は、あえて家庭教師のマイナス面に目を向けたうえで、失敗しない家庭教師選びについて考えたいと思います。

    ライバルがいない学習環境


    家庭教師最大のメリットともいえるのが、マンツーマン指導です。兄弟で利用するケースなどはありますが、基本的に家庭教師は1対1での指導となります。

    生徒一人一人の現状や環境に応じた授業を行なってくれる家庭教師は、塾を利用するよりも手厚い指導が受けられる点ではプラスです。

    ただし裏を返せば、ライバルの存在がいないというデメリットだと捉えることもできます。

    ライバルの存在の良し悪しは、子どものタイプによると考えられます。負けず嫌いで闘争心が良い方向に向くタイプの子どもの場合は、塾を利用した方が伸びやすい環境といえるかもしれません。

    一方プレッシャーに弱い、自己主張が苦手な子どもの場合には、家庭教師と向き合って勉強を進めた方が良い結果につながりやすいといえます。その場合には普段の学習は家庭教師と、そして学力テストや模試などを定期的に利用してライバルの存在を意識するのがベターでしょう。

    家庭教師の質の差が大きい


    マンツーマン指導で生徒の苦手分野を克服し、柔軟なカリキュラムで授業を進めてくれるというのが、家庭教師の学習効果の高さの要因です。テストの点数や成績を上げたいなら、苦手分野をなくしていくことが重要です。

    「分からない」をなくすことで、様々な問題に対応できるようになり、本人のやる気にもつながります。そう考えるとまさに家庭教師は適した環境だといえるはずなのに、結果が出ない場合があるのも事実です。

    その主な原因は、家庭教師の資質にあるかと思われます。東京には非常に多くの家庭教師派遣センターがあり、それに比例してたくさんの家庭教師が在籍しています。すると、やはり家庭教師としての能力の差もありますし、加えて子どもとの相性の良くない家庭教師に当たることもあります。体験授業を利用して、家庭教師の能力を見極めたり、子どもとの相性を考えたりすることが欠かせません。

    費用が高い


    家庭教師の利用を検討する際にネックとなるのが、費用に関してではないでしょうか。一般的には塾よりも費用が高いケースが多いですし、たとえ月会費は同じような価格帯でも塾の方が週に2日通えるなどといった差がある場合も少なくありません。1人の教師が1人の生徒に対応することを考えると、家庭教師の方が割高になるのは当然といえば当然です。ただそれなら週に何回も通える塾の方が効果が高いのかといえばそうではありません。

    勉強量も大事ですが、そのも重要です。むしろ、ただ回数をこなすよりも内容の濃い学習をした方が本当の学力となり得ます。

    また、家庭教師を利用することで期待できる効果として、家庭学習の習慣化があります。生徒に合った勉強スケジュールを提案してくれるような会社、家庭教師を選ぶことができれば、週に2回塾で勉強するだけよりも高い学習効果があるはずです。

    まとめ

    家庭教師の最大の特徴といえばマンツーマン指導です。そこから得られる効果やメリットが大きなものであることは間違いありません。ただその一方で、選び方や利用の仕方が適切でなければデメリットとなり得る部分もあることを知っておきましょう。

    マンツーマンで学ぶことが向いているタイプなのか、家庭教師の資質や子どもとの相性がどうなのか、そしてどういったスタンスで授業を進めてもらえるのかなどを中心に見極めることが大切です。体験授業を活用したり、実際に利用したうえでチェックしたりなど、本人にとってより良い環境で学べるか否かを考えてみてください。