• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 発達障害児のための家庭教師

    発達障害児のための家庭教師 東京の家庭教師会社では、発達障害のお子さんを持つご家庭での利用が増えていると言います。以前は見過ごされていた症状も、発達障害によるものだとされるといった背景もあり、この20年の間で発達障害と診断される子どもが急増しています。

    実に約15人に1人もの割合でそういった特性を持つ子どもがいるということです。今やそう特別な存在でもなくなってきているのですね。それでも一般的な学習塾ではなかなか対応できないことも多く、家庭教師のニーズが高まっているそうなのです。

    効果を出すには早めの対策が必要


    発達障害について考える時に認識しておきたいのが、「発達障害グレーゾーン」に含まれる子どもたちのことです。発達障害か否かを明確に診断することが難しいケースも多く、いわゆるグレーゾーンだとされる子どもたちが少なくありません。発達障害の子どもとして配慮やサポートが必要なのか、それともただ子どもの個性が目立っているだけなのかについては、専門医でも判断しづらいのが実情です。

    ただし、発達障害と診断されたお子さんの場合でも、東京の有名中学に合格するケースもごく普通にありますし、何かに特化した能力を開花させることがあるのも知っておいてください。そしてグレーゾーン程度の診断をされるお子さんの場合には尚更、そういった成長が期待できるということです。

    その反面、グレーゾーンだと気づかずに過ごしていると、大人になってから生きづらさを感じてしまうことがあるので注意が必要です。早めに適切なサポートや学習習慣を整えることが重要だと考えましょう。

    まずは家庭での認識が大切


    家庭教師の利用を検討するにあたって、家庭内で発達障害に対する認識を共有しておくことが大切です。まずは、発達障害は生まれつきの個性や特性であり病気ではないということ、そして適切にサポートすることで苦手をカバーしつつ個性を伸ばせるということを知っておきましょう。

    勉強を例に考えても、数学が得意だったり英語が苦手だったりする子どもがいるように、一人ひとりの個性の延長上にあるようなものです。

    とは言え、「個性」をそのままにしておくわけにはいきません。特に勉強については早めに対応しておかないと、学校の授業についていけなくなり、自信をなくしたり孤立したりすることで、最悪の場合には不登校になってしまうケースもあります。指導のプロである家庭教師との時間を設けることで、そのような事態を防ぐことも十分可能です。

    家庭教師の選び方


    家庭教師を選ぶ際には、発達障害児向けのコースがある会社を選ぶようにしましょう。発達障害を抱える子どもに対しては、適切な言葉がけや勉強のアプローチ方法が重要となります。専門の有資格者がいたり、研修制度が整っていたりする家庭教師会社を探してみてください。子どもの個性や特性に応じてどういったサポートをしてくれるのか、いかに柔軟に対応してくれるのか、なども大切なチェックポイントです。

    子どもたちは成長するごとに、周囲の人々から受ける影響が大きくなります。発達障害という特別な個性があるならば尚更、子どもに寄り添い理解してくれる人が身近にいることが健全な成長には欠かせません。

    その中のひとりとして、家庭教師という存在があるのです。保護者が行き詰まったときのサポート役になってくれることもあるでしょう。

    まとめ


    発達障害を抱える子どもの多くは、早期療育や周囲の適切なサポートによってその特性が目立たなくなることがあります。得意分野を見つけて伸ばしてあげるのも良いでしょう。ただし、家庭内でそれを行なうのには限界があります。特に勉強をするうえでは、専門知識や豊富な経験を持つ家庭教師に頼るのが良いでしょう。

    お子さんの特別な個性に合った勉強方法について、選択肢のひとつとして家庭教師を検討してみてはいかがでしょうか。