• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 教育費を抑えるためにも有効な早期教育

    教育費を抑えるためにも有効な早期教育 東京都で中学受験をしようとすると、かかる費用はトータルで平均約250万円だといわれます。

    その先も、高校、大学まで受験・進学に費用が必要となります。積み立てや保険などによって、子どもが幼いうちから教育資金を準備するご家庭が多いかと思いますが、早期教育をすることで、トータルの教育費を抑えることにつながるケースがあるのです。幼児向け家庭教師のニーズも高まっているなど、早期教育に対する意識が変わってきているようです。
    早期教育が家庭の教育費にどう影響するのか、解説したいと思います。

    早期教育とは


    「早期教育」は未就学児から教育を始めること、というのが一般的な意味となります。たとえば、ひらがな・カタカナの読み書き、初歩的な足し算・引き算から英語など、教育の内容は多岐にわたりますが、小学1年生で学ぶようなことを先取りするイメージです。未就学児向け家庭教師の場合も、このようなことを学びます。また、いわゆる「お勉強」以外にも、スイミングやピアノ、絵画などといった習い事についても早期教育として挙げられます。

    低年齢のうちから学び始めることで、特定の能力を高めたり、さまざまなことに関心を持たせたりする効果が期待できます。脳の発達は一定の時期までで、そのタイミングまでに教育をして脳を活性化させたほうが良いという説があるのです。そのタイミングが、3~5歳から9歳前後といわれており、早期教育が注目されている背景でもあります。

    低年齢で勉強することのメリット3つ


    早期教育が子どもに与える良い影響はさまざまですが、ここでは3つのメリットを紹介します。

    1つ目は、得意分野の発見。習い事をはじめとして、早い段階でいろいろな経験をさせることで、子どもが関心を持つことや好きなことを発見しやすくなります。そして早くにそういったことを見つけることで、長い時間をかけてしっかり伸ばしてあげることが可能です。

    2つ目は、子どもの自尊心を高めること。さまざまな教育を通じて、親や先生から褒められる機会をたくさん設けることで、子どもの自信ややる気につながります。自尊心が高いと、あらゆることに前向きに挑戦する姿勢、安定した精神を得られることも。

    3つ目は、勉強への苦手意識を持たないことです。早いうちから遊びの延長線上で学習することで、「勉強=嫌なもの」という認識につながりにくくなります。また、たとえば家庭教師と楽しく勉強する機会を設けることで、机に向かうことが習慣化されやすくなります。

    早期教育によって教育費が抑えられる理由


    教育費は世帯手取り年収の15%以内が目安とされています。幼稚園から大学までの長期間、受験費用や入学費用、さらに塾、家庭教師、習い事とあらゆる場面でお金がかかります。どの時期にお金を重点的にかけるのかで、トータルの費用が変わってきます。そこで考えたいのが、早期教育です。

    早くから勉強させたり習い事をさせたりすると、その年数分教育費が余計にかかるのではと思われるかもしれませんが、そうとも言い切れません。早くから学ばせることで、子どもの勉強に対する意欲的な姿勢や基礎的な学力を身につけさせておいたほうが、後々余分な教育費がかからないことがあります。

    いざ受験を控えたときに、勉強の習慣が身についていない、やり方がわからないといった状態では、プラスαの塾代や教材費がかかることにもなりかねません。学年が上がるごとに月謝が高くなるのが一般的なので、後々大きな費用をたくさん払うよりも、月謝が比較的安い低年齢のうちに家庭教師や習い事を有効に利用したほうが良いということです。

    まとめ


    東京など都心部では特に、早期教育をするための幼児教室や家庭教師、幼児向け習い事教室が多くあります。未就学の段階から始める早期教育には、「得意分野の発見」「子どもの自尊心を高める」「勉強への苦手意識を持ちにくくさせる」などのメリットがあります。

    このようなメリットを生かせば、後々の教育費負担が抑えられることも。また、実は早い段階で「勉強が得意」になっておくことは、教育費負担だけでなく、子ども自身の精神的負担を抑える点でも有効だといえます。