• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 節約家庭でも家庭教師が利用できる時代

    節約家庭でも家庭教師が利用できる時代 一昔前だと、家庭教師といえば中流家庭以上の生徒が多いイメージでした。実際、集団指導塾に比べると授業料が高くなるのが一般的です。

    しかし、以前に比べてリーズナブルな価格帯で利用できる家庭教師会社も増えてきました。ごく普通の家庭でも家庭教師という選択肢が増えることは喜ばしいことですが、安かろう悪かろうでは困りますよね。

    そんな不安を抱えている方々へ、安さのからくり、安くても利用価値のある会社の選び方をご紹介します。

    子どもの教育費のかけ方


    近年、教育費にお金をかけ過ぎて家計が「破綻状態」にある家庭もあるといいます。小学生になったら塾に通うのが当たり前、習い事をさせてあげないと可哀そう、などといった大人の勝手な思い込みによって、あれもこれもと学外教育費に費やしてしまうのです。

    東京都23区では、4人に1人が私立中学校受験をする時代だといわれます。東京都など首都圏における私立中学校の多様化により、家庭教師と同様に普通の家庭でも私立という選択肢をする時代になっています。

    そういったこともまた、親が子どもの教育費にお金をかけ過ぎる問題の背景となっているのでしょう。子どもの教育費にかけるべき家計の割合は、5~10%だと言われます。これを大幅に超えてしまうと、貯蓄が思うようにできなくなるなど、家計に何らかのしわ寄せが生じるはずです。日数的な配慮もすれば、習い事は勉強系・運動系・音楽系、最大でも3つにとどめておくのがベターでしょう。

    授業料が安い仕組み


    節約家庭でも利用しやすい家庭教師会社が増えています。家庭教師の授業料を抑えられる理由は、広告費をかけないこと、仲介手数料が不要なこと、家庭教師の質を高めること、この3つです。

    テレビCMや折込広告等をなくすことで、宣伝広告費を大幅に縮小することができます。そして仲介手数料をなくすことで、先生に支払う授業料のみに抑えることが可能です。十分な給料を貰えることで、先生のモチベーションアップにつながるというメリットもあります。そして最も重要だと言えるのが、家庭教師の質です。先生の質を高めて成果を出していけば、口コミで利用者が増え安定した経営することもできるため、広告費削減や授業料低下にもつながっていきます。

    もちろん会社の見極めは大切ですが、料金が安いと授業の質が落ちるのかといえば決してそうではありません。企業努力の結果、授業料を抑えられているのだという点は理解しておきましょう。

    安くても良い家庭教師会社の見分け方


    安くても良い家庭教師会社の条件として、今回は2点取り上げておきたいと思います。

    1つ目は、先生の育成・教育にどの程度力を入れているかです。会社のホームページを見ればそういった部分が掲載されていることもありますし、会社の求人欄があればそれをチェックしてみても良いでしょう。

    学歴だけでなく、どういった点を重視して採用しているのか、研修制度は整っているのかなどがポイントです。広告費等は抑えて、先生の育成に投資している会社が望ましいでしょう。

    2つ目は、学習習慣を子どもに身につけさせてくれるような指導をしてくれるかどうかです。先生の資質も問われる部分ですが、会社の方針としてそういったことが感じ取れると良いでしょう。いくらリーズナブルな会社を利用するといっても、週に3回も4回も利用したのでは結局高額になってしまいます。

    家庭教師の日以外に自主学習ができるような指導をしてくれる会社選びをしましょう。

    まとめ

    節約家庭でも、子どもには十分な教育をとお考えの親御さんがほとんどです。そうすると家計とのバランスを考えて、月々の費用だけ見て単純に集団指導塾に入れてしまうケースが少なくありません。

    しかも、とりあえず塾に入れて安心という方が非常に多いのです。それでうまく成果があればそれで良いのですが、そうでない場合には無駄な家計費になってしまうことも。子どもの能力に合わせたマンツーマン指導の家庭教師を利用したほうが、結局コスパが良いということも十分に考えられます。授業料の安い家庭教師会社も増えていますので、あらゆる選択肢の中から子どもにベストな方法を見つけましょう。