• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • ボーダレスな世界を前に、家庭教師に求めたいもの

    ボーダレスな世界を前に、家庭教師に求めたいもの ボーダレスというと、多くの方が国と国との間の国境をイメージするのではないでしょうか。少し前までは、苦手な科目の克服や受験勉強対策としての家庭教師を導入する家庭が一般的でしたが、近年では、専門の分野を持った家庭教師の利用が飛躍的に増えてきています。

    今回は、多様化してきた子供のニーズに応える、ボーダレスな教育と家庭教師が持つ可能性について、見ていきたいと思います。

    子供の可能性を伸ばす、家庭教師という選択


    ひと昔前までは、ただ単に、学力を伸ばすことが目標とされたり、学校の成績を心配してのことだったりと、家庭教師に求められるものは、ある意味はっきりとしていました。

    しかし、最近では、家庭教師というひとつの教育の選択肢が持つ可能性には、本当にさまざまなものがあげられるようになってきています。

    例えば、帰国子女のお子さんが日本や日本の学校に馴染むためだったり、不登校の問題を持ったお子さんのためだったり、といったケースもあるでしょう。

    また、秀でた分野の才能を伸ばすために、あえて家庭教師という教育方法を選択する場合もあるのではないでしょうか。IoTの普及などを受け、国境を越えた世界規模のボーダレス化が進んでいるように、家庭教師の世界でも、いろいろな可能性を視野に入れた、より柔軟な体系を取る教育のボーダレス化が進んでいるのです。

    世界ではすでに定着している、ボーダレスな教育


    義務教育が存在する日本では、就学義務などについてきちんと知っておかなければいけない部分はありますが、家庭教師などオルタナティブな教育を活用した、ホームスクーリングなどの教育について考えていくことも可能だということをご存知でしょうか。

    実は、欧米諸国では、すでに家庭教師を活用して、学校に行かないという選択をすることもあります。もちろん、各国の教育制度にもよりますが、ピアニストなど特殊な技能を必要とする職業を目指す子供、アスリートを目指す子供、飛び級を目指す子供などに多く見られます。

    集団生活のように、学校でしか習うことのできないことも多くありますが、子供の人生において、「学校に通うこと」はすべてではありません。本来、教育というものは、親のためではなく、子供本人のため。柔軟な視点を持ち、子供に適した方法で活用する家庭教師という選択肢について、一度、向き合ってみる機会をつくることも大切かもしれません。

    東京で見つけることのできる、専門性の高い家庭教師とは


    本格的なホームスクーリング目的ではなくても、専門性の高い家庭教師を選択する方法は、東京にも多く存在します。

    元アスリートなどが先生となる、各種スポーツに特化した家庭教師を見つけることもできますし、学習面だけではなく、メンタル面までをしっかりサポートしてくれる不登校専任の家庭教師を見つけることもできます。

    また、将来の夢のために語学をみっちりと学びたいという場合や、早い段階で専門的な資格を目指したい場合にも、それぞれのニーズを満たす家庭教師を探すことのできるネットワークが構築されています。東京の家庭教師が専門とする分野は本当にさまざまです。

    多種多様な可能性があふれる東京だからこそ、既成概念や固定観念にとらわれることなく、家庭教師というオルタナティブについて考えてみるのもよいかもしれません。

    まとめ


    時には、未成年や学生であるという事実が、視野を狭めてしまうこともありますが、同時に、人生において、もっとも多くの可能性を秘めた大切な時期でもありますよね。

    両親や学校の先生以外に、あまり大人と触れ合うことのないお子さんにとっては、家庭教師の存在や家庭教師が持っている経験がもたらすものが、思わぬプラスの方向にはたらくこともあります。

    「学校に通うこと」に違和感を覚えたり、自分のやりたいことをもっと積極的にやりたいという意欲が見えたりするような場合には、ぜひ、さまざまな可能性を秘めた家庭教師という手段、また、経験豊富な家庭教師の力を借りることを考慮してみてはいかがでしょうか。