• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 読書教育のできる家庭教師の探し方

    読書教育 日本の学校での学科において、あらゆる学力の基本になるのが国語力、言い換えれば日本語の読解力です。日本語の文章を的確に読めるか、という能力は外国語の習得を含めた、あらゆる学習の根幹になります。

    そして読解力を養うための、ほぼ唯一にして最大の方法は、やはり読書習慣を身につけることです。ここでは読書が学力向上のためにどのような役に立つのか、そして東京においてただ学科を教えるに留まらず、広い「読書教育」のできる家庭教師はどう探せばよいのかについて紹介いたします。

    情報が集中する東京で家庭教師に読書教育を求める意味


    東京には日々、大量の情報が集中しています。特に現在ではインターネットにより、読書などしなくとも必要な情報は得ることができます。しかしネットにある記事の多くは、せいぜい原稿用紙数枚程度です。それらを大量に読んだところで、養われる読解力には限界があります。長編小説を一冊読んで物語を把握することで身につく読解力とは、比較になりません。

    当然ながら、試験問題はすべて文章によって出題されます。そのため読解力、つまり文章の理解力と想像力、さらに文章を素早く読み取る力こそ、受験の基本にしてもっとも重要な能力なのです。読書習慣のある生徒は受験でも有利というのは、すでに教育界の定説です。

    さらに読書によって語彙力が増え、巧い文章の構成を知ることで、国語はもちろん、記述問題や小論文の能力も鍛えられます。家庭教師による読書教育は、あらゆる学力の根幹を作る上でも重要となります。

    東京で読書教育のできる家庭教師を探す方法


    読書教育でもっとも重要なのは、読書の「楽しさ」を伝えることです。例えば現代の子供に、古典名作だからと明治時代の文学を与えても、時代背景などの予備知識がなければ読解できず、かえって読書嫌いになる恐れもあります。

    読書教育を行う家庭教師に必要なことは、自らが読書を楽しんだ経験から、子供の興味や知識レベルに合わせた最適の本を紹介する能力です。現代のミステリーや恋愛小説などでもまったく問題はありません。生徒たちが夢中になって本を読みふけることこそ、読解力を伸ばす最良の方法なのです。

    さらに生徒から本の感想を聞き、理解できない言葉や場面の意味、さらに生徒の感想とは異なる解釈までを教えて、想像力の幅を広げる手助けをする、それが家庭教師にできる理想の読書教育といえます。東京でそのような家庭教師を探すには、自身が読書好きで、ホームページなどで読書の大切さを訴えている人を選ぶのがいいでしょう。

    東京の地の利を使って家庭教師の読書教育を活用する


    東京は、江戸以来から日本の文化の中心部であり、現在でも出版業の拠点になっています。そのため東京都内には、歴史、時代小説に登場する史跡から、高名な文豪ゆかりの地など、さまざまな文学ゆかりの地があります。

    また古典的な文学作品から現代の娯楽小説に至るまで、数々の小説でも、東京が舞台に選ばれています。こうした地の利を生かして、家庭教師が生徒の暮らす街に近い舞台の作品を紹介し、より作品への理解力を高めることもできます。

    さらに文学の舞台や作者ゆかりの地を教えることは、作中に描かれる時代や、作者が生きた時代の背景を知ることにもなります。読書経験は、ただ読解力や語彙力を高めるだけでなく、本から得た知識と現実の歴史や社会をリンクさせ、深く理解することにもつながっています。

    学校教育ではそれらも単に「読書」として終わってしまうかもしれませんが、家庭教師であれば、いわば知識と知識をつないで、教養へと昇華する知性の根幹を育てるための「読書」を行うことが可能であると思います。

    まとめ


    読書を楽しむというと、勉強とは相反することのようにも思えます。確かに読書に熱中して勉強をおろそかにするようでは主客転倒です。

    しかし読書で得られる読解力、文意を素早く読み解く力や、文章からイメージを組み立てる想像力などは、習得することで学習能力が格段に高まる、あらゆる学習の基礎体力になります。この能力は学校の勉強や入試だけでなく、社会での入社試験、資格試験などにも生かされますが、学校教育の中だけで身につけるのはいささか難しいかもしれません。

    そのためには家庭教師により深い「読書」についての見識を学び、本当の意味での読解力を身につけることが最善の方法になるのではないでしょうか。

    家庭教師による読書教育で、書物から広い世界を知っておくことは、学力に留まらない教養として、人生の大きな力になることは間違いありません。