• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 小学校における英語教科化と家庭教師

    英語教科化と家庭教師 平成20年度より小学5・6年生を対象に英語教育が開始され、平成23年度には英語が小学5年生から必修科目となりました。この外国語活動推進の流れはさらに進むこととなります。令和2年より、小学3年生から必修化、小学5年生から教科化が実施される予定です。東京都など首都圏では、すでに段階的に導入している小学校もあります。そんな中、家庭教師を利用して英語学習を始めるケースも増えてきているようです。

    小学生の英語学習に家庭教師がいかに有効か

    英語教育の低学年化に、どう対応すべきか頭を悩ませてしまうご家庭も少なくないようです。特にご両親が英語に苦手意識を持っている場合はなおさらです。そこで子どもを英会話スクールに通わせるケースが多いのですが、効果が感じられるかどうかは、どうしても向き不向きによるところが大きくなってしまうのが英会話スクールの難点ともいえます。

    英会話スクールに通うことで英語に対する苦手意識を植え付けてしまったのでは元も子もありません。主に小学校の授業対策や受験対策として英語学習を始めたいのであれば、家庭教師を利用して着実に学んでいく方法がおすすめです。小学校での授業がすでに浸透してはいますが、まだまだ学校も先生も模索段階であることは否めません。そういった中で、学校での授業の進め方、子ども自身のレベルに応じた授業を行ってくれる点で家庭教師が有効だといえるのです。

    派遣会社・家庭教師の選び方


    英語の「家庭教師」といっても、一般的な家庭教師派遣会社における英語の授業、英会話スクールの延長としての家庭教師の違いを考慮すべきです。小学校の授業対策や受験対策として利用するのであれば、やはり前者の方が効果的だといえるでしょう。

    東京など首都圏の私立中学校においては、英語を入試科目として導入しているのが125校に上るとのことです。中学受験を目的に考えているのであれば、やはり受験対策や入試に向けてのカリキュラムが確立されている一般的な家庭教師を利用するのが得策です。

    しかし今後、英語の入試においては表現力やスピーキング能力が重視されていくことが予想されます。また、本当の意味での語学力を身につけるのであれば、たとえばネイティブの先生が英語のマンツーマン指導を行ってくれるような家庭教師を利用した方が費用対効果が大きいといえるかもしれません。

    目的に応じて選択できる家庭教師


    外国語活動の推進、小学校の英語教育必須化に伴い、家庭教師派遣会社においても英語授業の強化・多様化が進んでいます。東京など首都圏ではそれが顕著で、需要に応じた家庭教師が探せばきっとすぐに見つかるはずです。もし選択肢が多い分悩んでしまうという場合には、まずは子どもに英語学習をさせる目的を明確にしておくことです。

    小学校の必修化・教科化に対応するため、さらに中学入試に向けて利用するケースが多いかと思います。特に有名私立中学校の入試に向けてはしっかりと対策しておく必要がありますので、受験に特化した会社やコースを選択しておくべきです。

    その他、語学系資格の取得に向けて、英会話を目的とした会社やコース等もありますので、まずは学びの目的をもとに絞り込むと良いでしょう。いずれの場合にも、体験授業を利用して子ども自身が興味を持てるかどうかはきちんと確認しておきたいところです。

    小学校における英語教科化と家庭教師に関するまとめ

    東京などの首都圏においては、すでに小学校の英語教科化の段階的な導入がされていたり、中学校の入試科目として取り入れられていたりと、外国語活動の推進が急速に進んでいます。そういった需要に応えるべく、家庭教師派遣会社においても英語の授業やコースが本格化され、多様化しています。何を目的に家庭教師を利用するのか、子どもに英語を学ばせた先の目標は何なのかという観点で、どの会社、コースを選択するのか比較検討されるとよいでしょう。