• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 英検対策と家庭教師

    英検対策 令和2年度に教育改革が行われるということで、特に大学受験を控えたご家庭ではあらゆる情報が気になるところかと思います。

    令和2年度より実施予定だった「大学入試英語成績提供システム」の導入が延期となるなど、不明瞭な点も多いと感じるかもしれません。ですが、英検・TEAP・IELTS・TOEIC・TOEFLといった資格が活かせる東京の大学はすでにたくさん存在しています。それを受けて、家庭教師と英検対策を行う中学生や高校生が増加傾向にあるのです。

    教育改革に伴う受験の変化


    令和2年度の教育改革に伴い、小学校での英語教科化、センター試験廃止と「大学入学共通テスト」開始といった変化が訪れます。

    共通テストでは、知識・技能だけでなく、思考力・判断力・表現力を重視するという考えがベースにあり、その一環として記述式問題が導入される予定です。大学入試英語成績提供システムの導入については先送りの発表がありましたが、英検などの英語資格を利用できる「英語外部検定利用入試」の導入は今後さらに推進されていくことでしょう。

    すでに資格保有が有利になるような入試システムを導入している大学も東京では少なくありません。またそれは大学に限ったことではなく、中学受験でもその傾向にあります。東京の有名校・進学校であればこのような教育改革に伴う変化が顕著になるはずです。すでに志望校が決定しているのであれば入試に関わる動向は常にチェックしておく必要があります。

    受験で英検がどう使えるか


    英語外部検定利用入試についての情報もまだよくわからないし、現時点で志望校での資格優遇の制度がないから、と考えていたのでは遅れをとってしまうかもしれません。

    令和2年度以降に受験するという場合には、少なくとも英検などの語学系資格は取得しておいて損はないはずです。第一志望の学校では資格として役に立たなかったとしても、第二志望以降で使えるのであれば、いわゆる「滑り止め」の学校に割く労力を減らすことにもつながります。

    そもそも、英検に向けて学習して資格取得するだけの能力がつけば、自然と英語の成績アップにも関わってくるはずです。大学受験に注目してみると、英検2級以上が大学入試レベルだと言われています。2級を目指して学習していれば、大学受験のための英語学習にもつながっていくというわけです。

    家庭教師を利用して英検取得に挑戦する価値は充分にあると考えて良いでしょう。

    家庭教師との対策が有効な理由


    様々な改革が行われているのは、学校や入試だけではありません。実は英検もグローバル化の影響により、スピーキングテストや英作文の導入など実践的で実用的な資格へと変化していきています。また、表現力が試される分野にも重点を置くようになってきているのです。

    リスニングやリーディングだけでは資格取得者が難しくなってきた今、英語に苦手意識を持つ子どもの場合には、独学で英検取得するのが困難になってきました。そこで、英語を専門に指導している家庭教師や、英検対策コースを利用するなどといった対策が有効になってきます。

    付け焼き刃の知識では意味はありませんが、資格というものには少なからずテクニックが必要な部分もあるのです。それを把握した家庭教師による指導があれば、より効率的に資格取得を目指すことが可能となります。

    まとめ

    教育改革・英語改革・大学入試改革、この3本柱の動向が今後気になるところです。改革のポイントとして共通して言えるのは、知識型から思考型へのシフト、そして表現力が求められるということです。

    今後の受験について考えるうえで、このような点を把握しておくことが大切です。英検についても時代に流れに沿って変化が見られるとともに、今後ますます資格保持の価値が高まることとなるでしょう。英語のプロである家庭教師を活用することで、効率的に資格取得を目指し、さらに英語力アップを図るのは賢い選択と言えるでしょう。