• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 今だから狙いたい医学部受験と家庭教師

    今だから狙いたい医学部受験と家庭教師 この不安定な世の中、お子さんにはなるべく手に職をつけさせたいという親御さんは多いと思います。そんな「手に職」系の中で最も将来的に有望で、かつ高い年収が想定できるのが医師という職業です。

    医師免許を取るには医学部の卒業が必須になるわけですが、従来ハードルが高かった医学部が、色々な制度改正により手の届く範囲に近づいています。家庭教師をうまく活用しながら、医学部を目指していくにはどうしたらいいのか、ここでは考えていきます。

    手が届くようになった東京の医学部受験と家庭教師との関係


    医学部は元々難易度が高い上、倍率も高く、さらに進学後の学費の問題もあることから、従来非常にハードルが高いものとされてきました。しかし、最近では学費に関しては貸与奨学金付きの「地域枠受験」の創設、さらに少子化に伴う指定校推薦の拡充など、受験には追い風になる制度が次々と導入されています。

    東京に焦点を絞れば、大学数に限りがあるものの東京都の「地域枠受験」の枠が他の道府県より多い上、そもそも医学部設置大学の数が多いので、地方在住者よりも、より有利な状況に置かれていると言えます。

    当然、医学部受験に対応できる家庭教師の数も必然的に多くなるので、家庭教師を利用して医学部を受験することも十分可能です。さらに、東京に隣接する他県の医学部も十分通学範囲になるわけですから、医学部受験の選択肢はより広くなります。

    東京での医学部受験と家庭教師による攻略法


    医学部受験では、センター試験対策、二次筆記試験対策、二次小論文・面接対策など数多くの対策を取る必要があります。どの医学部も個性を前面に出しているため、二次試験自体にかなりの癖が出る傾向にあります。

    東京の場合、受験校の選択肢は沢山あるわけですから、受験校をあまり早い段階で絞ってしまうのは得策ではないでしょう。

    家庭教師による医学部受験対策としては、まず受験生本人の適性を把握して、苦手な分野をしっかりと潰していき、どの試験でも確実に高得点を叩き出せるようにする必要があります。特に、センター試験は私立大学でも利用枠が広がり、対策もしやすいので早期段階で着手するといいでしょう。

    二次試験は大学によって傾向が大きく違うため、夏休み前からおおまかに大学を絞り込み、実際の対策は夏休み後から追い込む形でも十分間に合います。

    東京で医学部受験に強い家庭教師を探す方法


    医学部受験は独特の対策が必要なため、やはり受験経験者を家庭教師につけるのが効果的です。東京ならば、医学部生がアルバイトとして家庭教師をしている場合が非常に多いので、見つけるのにはそれほど苦労することはないでしょう。

    もし、家計の事情、その他特別な事情で早い段階から志望校を絞り込まざるを得ない場合は、志望校の医学部生にお願いするのが近道です。家庭教師派遣会社を通すのもいいですが、直接大学の学務課や就職課に相談して、募集をかけるのも一つの方法です。

    最近では、医学部受験に強いことを謳った家庭教師派遣会社も増えてきました。ただ、実際に働いている家庭教師は医学部受験経験者とは限らないので、注意が必要です。家庭教師派遣会社を通す場合は、実際の合格率や実績をしっかりと調べた上で利用するようにしましょう。

    まとめ

    医学部入試については、その選抜を巡って色々な報道がされていますが、まず学力と人間力を上げていかないことには受験にすらたどり着くことができません。特に最近では高校も大学合格率の向上に腐心しているため、たとえチャレンジ受験だとしても進路指導担当が良い顔をしない場合もあります。

    どの大学も、個性的な試験を課す一方、高校での成績による審査など、従来型の選抜も相変わらず続けているので、受験単発ではなく普段の生活から医学部受験を意識する必要がありそうです。家庭教師には、長い目で見た医学部受験対策を依頼すると良いでしょう。