• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 成績アップの秘訣は習慣化のサポート

    成績アップの秘訣は習慣化のサポート わが子に学習習慣をつけさせたい、そう考える親御さんは多いものです。実際、学習を習慣化させたほうが勉強量の増加や成績向上につながると考えられます。何より、習慣化してしまったほうが勉強する本人も楽です。この時間は机に向かうものだと自然に行動できれば、勉強に対する苦手意識も少なくなるはずです。しかし子どもの気持ちや努力だけでは習慣化は難しく、周囲のサポートが必須となります。

    勉強の習慣化ができている子・できていない子の違い


    勉強が習慣化している状態とは、親の声かけなしに勉強をしていたり、自然と机に向かっていたりすることです。生活習慣の1つとして勉強が組み込まれている状態とも言えます。このように習慣化されていれば、その日の気分やモチベーションに左右されにくくなります。また、気分が乗らなくても自然と机に向かうことで、勉強を始めるうちにやる気が出てくるケースもあります。

    一方勉強習慣化ができていない子の特徴は次の通りです。勉強を始めてもすぐに他のことに気がそれる、ながら勉強をしている、勉強の計画を立てられない、などです。また、そもそもの生活習慣が勉強する姿勢に影響していることもあります。学校の授業を聞いていなかったり、学校で配布されるプリントをなくしやすかったり、さらに不規則な生活習慣を送っている場合にも習慣が定着しづらい傾向にあるでしょう。

    家庭教師と考える勉強スケジュール

    家庭教師と考える勉強スケジュール 生活習慣に少し問題がある場合には、まずご家庭での見直しをすることです。親としてサポートできることがあればぜひ取り組んでみてください。勉強を教えるというわけでなくても、リビングで一緒に机に向かう時間を設けるのも1つの方法です。

    そのうえで、家庭教師を利用して学習スケジュールを決めるのが有効な方法として挙げられます。習慣化するためには計画性も必要です。なんとなく思いついたことを適当な時間に取り組んでいたのでは、モチベーションアップにもつながりません。毎日のタスクをゲーム感覚でこなしていくような状態が理想です。初めは、成績アップや志望校合格など大きな目標を掲げなくても構いません。家庭教師と決めた毎日のTODOリストをクリアすること自体を目標として取り組むことができれば、それは習慣化の第一歩です。

    勉強の習慣化にはサポートが不可欠


    勉強の習慣化の柱は、学習計画です。欠かせないルールとしては、勉強する時間や場所を決めること、そして毎日続けることです。時間や場所を一定にしておくと、勉強モードへの切り替えがしやすくなります。また、たとえ1日10分からでも良いので、とにかく毎日続けることです。部活動や習い事があっても、毎日同じ時間を確保できるようにスケジューリングすると良いでしょう。

    学習計画については、子ども自身がきちんと考えて設定していくのは難しいこともあるでしょう。効率良く進めるためにも、家庭教師というプロの力を借りるのが有効です。保護者のサポートとともに、勉強の習慣化を図るために家庭教師によるサポート体制を整えてはいかがでしょうか。東京にはたくさんの家庭教師センターがありますが、ほとんどの会社において、学習スケジュールが重要視されています。

    まとめ


    東京の数ある家庭教師センターの中でも、その多くが学習スケジュールの大切さを謳っています。家庭教師との学習によって成果を出そうとするのは当然ですが、より着実に知識を定着させて本当に頭の良い子どもにするためには、毎日の学習習慣が欠かせません。
    成績が伸び悩んでいるというお子さまの場合には、保護者と家庭教師のサポートによって、まずは勉強の習慣化を図ってみてはいかがでしょうか。習慣化が成功すれば、モチベーション維持がしやすくなるという効果も期待できます。