• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師は政治教育にどこまで踏み込むべきか

    政治教育 このページでは、家庭教師が担うべき政治教育のあり方について考えていきます。学校では、制度上の事情があり、政治教育に踏み込むことができないのですが、政治は日常の生活に密接に関連しています。

    社会で生きていく中で、どうしても必要があって政治に積極的に関与しなければならないケースに遭遇する可能性も否定できません。

    ここでは、バランスを取りつつ家庭教師が政治教育に関わる方法について例を挙げていこうと思います。

    東京の政治状況と家庭教師の浅からぬ関係


    日本では、教育基本法で学校教育が政治に関わることを禁止しています。戦時中、日本の学校現場では軍国教育を積極的に行っており、それが敗戦につながり、多数の犠牲者を出したという反省に立っているからです。教育委員会が行政組織の中で独立制を取っているのも同じ理由です。

    しかし、教育が政治から距離を置いていることで、問題も生じてきました。政治的無関心層が増えてしまい、本来密接に関連している政治と国民生活に大きな溝ができたのです。

    実際、世論と投票結果との乖離など、たくさんの問題が政治をめぐって噴出しています。

    東京は、特に23区での政治的独立性が高く、それゆえに生活の中で政治に関わらなければならない場面が多数あります。

    子どもが将来生きていく上で、ある程度家庭教師が政治教育の基礎を担う必要があるのです。

    家庭教師が東京でバランスよく政治教育を行うには


    家庭教師がバランスの取れた政治教育を行うには、メディアリテラシーに関する力量が問われてきます。

    特に東京の場合、広報紙、街頭演説、インターネットといった既定のメディアだけではなく、音楽活動や地域貢献とのコラボレーションなど、様々なメディアミックスの形態があるため、ある意味政党の「隠された意図」まで読み取る深い洞察力が必要になります。

    家庭教師が政治教育に関与する場合は、いくつかのメディアを読み比べさせ、子ども自身の意見を明確に言語化させる訓練が有効です。例えば、地域で選挙が行われる際の選挙公報と、各戸に配布されるビラ、インターネット配信などを実際に見て、どのような違いがあるか、子ども自身はどのような意見を持つかを話してみるといいでしょう。

    なお、この際、あらかじめ設定された正解というものはありません。逆に正解を設定する行為は、政治的誘導になるので注意しましょう。

    東京で政治教育のできる家庭教師を探す方法


    政治教育を進めるにあたっては、学校教育との絶妙なバランスを取る必要があります。
    なぜなら、ほかの社会科系の要素を取り入れながら教育を進めていかないと、政治教育自体が成り立たないからです。

    それを考えると、家庭教師には社会・公民等の教員免許状保持者を選ぶ必要があります。
    東京であれば、教員免許状保持者を探すのはそれほど難しくないでしょう。

    その上で、採用する家庭教師にはメディアに対する深い知識と、ある程度の政治的中立を求めることが必要です。

    このあたりは、面接やお試し授業で見抜くしかないので、親御さん側のスキルが問われる部分です。できれば、年配の家庭教師よりも発想が柔軟で、インターネットなどの多様なメディアに慣れている若い世代の方がいいでしょう。


    まとめ

    選挙権が18歳に引き下げられたことにより、子どもが政治に直接関与しなければならない時期が早くなりました。

    しかし、本来政治は生活の中の一部であり、政策には当然子どもに関係するものが数多くあります。子どもには選挙権はないものの、立派な国民なので、政治に関与する権利も自由もあるのです。

    政治に対する意識と考え方は、子どもの頃から育てて行く必要があります。自立した大人として、しっかり意見が言える人間になるよう、家庭教師の力を借りながら教育していきましょう。