• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師の内部進学対策とは

    家庭教師の内部進学対策 系列校として、受験せずに小学校・中学校・高校・大学に進学するのが「内部進学」です。東京の有名大学でも系列校を持つ大学は多いものです。難易度の高い高校受験や大学受験を避けるために、小学校や中学校から志望校に入るといったご家庭も少なくありません。ただし、ただ学校に通っていれば難なく進学できるわけではありません。きちんと高校、大学へと内部進学するためには対策が欠かせません。家庭教師センターによっては、内部進学対策コースを設定している会社もあるほどです。

    内部進学にも対策が必要?


    附属校、系列校の生徒だからといって、必ずしもそのまま進学できるとは限りません。特に東京の有名校であればあるほど、内部進学の基準も難しくなります。また、ギリギリの成績で上に上がれたとしても、しっかり受験勉強をして入学してきた外部生に後れを取るケースも少なくありません。進学したものの、授業についていけずに「落ちこぼれ」になってしまうといったことも考えられます。

    内部進学の基準は各学校によってさまざまですが、内申をもとに進学の可否が判断されることが多いでしょう。内申というと、学校生活における日ごろの態度や定期テストの結果が大きく関わってきます。

    そのため、内部進学のための特別な対策というよりは、学校の成績を上げたりテストで良い点数を取ったりなど、基本ともいえる勉強が必要となるのです。それらを確実に押さえていくためには、子ども一人ひとりに合わせた学習が必要だと考えられます。

    内部進学対策コースの概要

    家庭教師センターによっては、エスカレータで系列校に進学することを想定した、内部進学対策コースといったものが設定されています。学校ごとの進学基準や生徒の現状を把握したうえで対策していくこととなります。

    具体的には、学校の内部進学に関する情報をもとに、生徒の現時点での成績や得意不得意、学習習慣などを考慮してカリキュラムを考えます。学校生活や部活動、習い事なども考慮したうえで、進学に向けたスケジュール等を詳細にカウンセリングすることとなるでしょう。

    各学校に応じた対策をするといっても、どの学校でも考えるべきなのが成績アップと定期テスト対策です。学校の授業の進捗に合わせて、苦手をなくすように授業内容をカバーしながら、テスト対策を行なっていきます。

    家庭教師だからできるサポート

    内部進学対策コースでは、学校の進学基準に沿って、生徒に不足している部分を補うことを目的として授業を進めていきます。現状でどういった部分に力を入れるべきなのか、どのように勉強を進めていくとよいのかなど、生徒に応じた対策を講じることができるのは、家庭教師の強みです。

    また、家庭教師のメリットとしてよく取り上げられるのが、学習習慣が身に付く点です。学習習慣と聞くと内部進学対策とは直接つながりがないように思われるかもしれませんが、実は重要なポイントでもあります。

    成績評価の基準や進学条件などは学校によってさまざまですが、内申が関わってくるのは間違いありません。だとすれば、まず押さえるべきは学習習慣を身に付けてきちんと授業の内容を理解することです。授業内容をきちんと振り返り、「分からない」をそのままにしないこと、「苦手」をつくらないことが欠かせません。

    まとめ

    内部進学対策で最も重要といえるのは、「基本」をきちんとこなすことです。基本というと、日々の授業態度を正し、定期テストで良い結果を出すということになります。ごく当たり前のようにも思えますが、自らそれを継続できる子どもはそう多くはないでしょう。積み重ねが必要となるので、いざ進学前になって焦っても手遅れだという状況は十分起こり得ます。ですので、内部進学を決めている場合には、早めに家庭教師など、プロに相談するのがおすすめです。