• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師の腕が問われる「教育・文化週間」って何だ?

    授業参観 11月1日から7日までの1週間は、「教育・文化週間」です。「教育・文化週間」はさかのぼると昭和34年に制定されたもので、この時期に国全体で教育・文化に関する行事を集中的に実施することになっています。

    実はこの「教育・文化週間」、家庭教師が学習の世界に子どもを引き込むのに、またとない絶好の機会だと言えます。

    では、具体的に家庭教師はこの「教育・文化週間」とどのように関わることができるのか、さまざまな視点で考えていきましょう。

    東京にいるからこそ「教育・文化週間」と家庭教師はリンクする


    そもそも、「教育・文化週間」はなぜ制定されたのでしょうか。そこには、教育活動や文化活動を、教員などの専門家に独占させず、その成果と恩恵を広く国民で共有したいという思いがあります。

    「教育・文化週間」は、各地で様々な教育・文化に関わるイベントが開催されます。東京の場合、特に人口が多く、文化施設も集中しているため、「教育・文化週間」に伴う活動も活発になります。

    家庭教師はどうしても家庭内での教育に目が向きがちですが、「教育・文化週間」は家の外で教育や文化に触れあう貴重な機会です。

    これを活かせるかどうかで、子どもの学習に対する興味は格段に違ってきます。是非、「教育・文化週間」を利用して、子どもの学習意欲を掻き立てていきましょう。

    東京の家庭教師が「教育・文化週間」を活用する方法

    東京の家庭教師が「教育・文化週間」を活用するにあたっては、学校寄りにするのか、それとも社会寄りにするのかを戦略的に考えることが必要です。

    「教育・文化週間」には、学校では授業参観や文化祭など、主に親御さんをターゲットにした行事を開催します。

    子どもにとって、学習する自分の姿を親御さんが見て喜ぶことは、素直に嬉しいものです。
    特に授業参観や文化祭は、あらかじめテーマなどが決まっているわけですから、家庭教師も家庭の学習にそれを積極的に取り込んでいきましょう。

    社会の方に目を向けると、文化施設の無料開放や文化庁関連の行事など、東京ならではの大規模なイベントが開催されています。

    行事一覧は文部科学省のホームページに載っているので、家庭教師も事前・事後学習を含めて上手に家庭学習に組み込んでいきましょう。

    「教育・文化週間」を活かせる家庭教師を東京で探すには

    「教育・文化週間」を活かすには、家庭教師側にも教育に関する全般的な視野と素養が求められます。

    そのため、現役学生よりも、ある程度教育関係分野で資格や職務経験を有する社会人家庭教師を探した方が効率が良さそうです。

    具体的には、社会教育主事、博物館学芸員、図書館司書など、教育や文化に関する資格を持った人材が有効です。

    彼らに共通するのは、「社会教育」、つまり社会と教育の関連性についての基礎知識を資格取得にあたって習得しているということです。

    いずれの資格も、取得できる東京の大学は数多くあるので、東京で有資格者を探すのはそれほど難しくなさそうです。

    さらに、人物面では、都内の各地に子どもを引率できるだけのパワーとスキルがある人材が好ましいと言えます。人物重視の採用をするなら、そのあたりを親御さんが見極める必要がありそうです。

    まとめ

    「教育・文化週間」は7日間と比較的短いですが、時期的には文化の秋ですので、11月中は教育・文化関係の素材に困ることはないでしょう。

    ただ、どのような手段を使うにせよ、家庭教師が指導するにあたっては、家庭学習とうまくリンクさせていく必要があり、それがとても重要なことでもあります。

    その点で考えると、家庭教師の指導スキルがこれほどまでに問われる場面も、ほかには数少ないと言えるでしょう。

    是非、家庭の外の力を利用して、家庭教育の効率を上げていきたいものです。