• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師と共に考える一年の学習計画

    家庭教師と共に考える一年の学習計画
    中学や高校の3年生にとっては、受験の正念場をむかえます。また受験生でなくとも、新年に当たって、一年間の勉強のスケジュールを立てることは、目的意識を持ち、効率的に学習を進める効果があります。

    ここでは生徒たちが無理なくこなすことができ、確実に学力を向上できる一年の学習スケジュールの立て方と、それについて適切な助言、指導ができる家庭教師のあり方についてを考えます。

    家庭教師が教えられる受験生の年間学習スケジュール


    受験を控えた中学、高校の3年生にとって一年の勉強計画は重要です。部活の引退や夏休みなど学校生活に合わせ、まず年間のスケジュールを立てます。

    年間計画は、夏休みまでは基礎固め、夏休みから過去問を解いていく、秋からは過去問で判明した苦手部分の克服など、大まかでかまいません。そこから月間、週間の計画につれて、例えばこの問題集を一週間で終え、次の週で復習する。そのためには一日に何時間、何ページこなせばいいかなど、具体的な勉強量をイメージしていきます。

    この学習スケジュールは、例えば何ページの問題集を解くのに何時間かかるかなど、受験生の実力に合わせることが必須です。受験生自身が熱意から無理なスケジュールを立てても、途中で挫折しては台無しになります。受験生の実力をきちんと把握した家庭教師の助言が、個人の能力に適した学習スケジュールを立てる決め手になります。

    東京の受験生に向けた年間学習計画と家庭教師の役割


    受験生に向けた一年の勉強スケジュールは、個人の実力や志望によっても変わりますが、まず夏休みまでは、英単語や基本公式など基礎固め。夏休みから秋にかけては実際の過去問や模試などによる応用力の追求と、自身の弱点を洗い出しての補強。さらに冬からは受験本番をイメージして、本番と同じ時間配分で問題を解くという流れが一般的です。

    特に基礎や応用段階での弱点は、受験生自身では意外と自覚できず、またつい得意科目に逃げてしまい、苦手要素を放置がちです。だからこそ受験生個人の能力や性格を客観的に見て、弱点の克服を指導でき、ときには精神的な支えにもなる家庭教師の存在が重要になります。

    また東京では受験生に向けた様々な施設やセミナーなどがあります。自身の受験経験から、そのような施設やイベントを利用するアドバイスができるのも、東京の家庭教師の強みです。

    長期スケジュールではあえて勉強をしない日も必要


    受験勉強というと寝る間も惜しんで勉強するというイメージもありますが、長時間、休憩せずに勉強する、また毎日休まず勉強を続けるような生活は、脳の疲労やストレスを蓄積し、かえって学習効率を低下させます。

    確実に学力を高めるために、適切な休息はむしろ必要不可欠です。そのコントロールも家庭教師の役割の一つです。よい家庭教師は逆に言うと勉強だけではなく、いかに受験生をリフレッシュさせることができるか、と言う点にも長けています。保護者も家庭教師としっかりとした話し合い、授業計画を考えていくと良いでしょう。

    年間の学習スケジュールを立てる場合は、時期にもよりますが、月に3、4日は勉強を休める日を入れられる余裕を見てスケジュールを組むのがいいでしょう。予定通りに勉強が進まない場合の予備日にもできますし、もし順調に進むなら、余裕の日はあえて勉強しない休日に当てるのが、勉強のモチベーションを維持する上でも重要です。


    まとめ


    受験勉強の学習スケジュールに、万人に通用するものはありません。受験を制するためには一年前の時点から、個々人の志望校や現時点での学力はもちろん、得意科目や苦手科目、さらに受験生の性格、体調なども考慮して、個人に最適化した学習計画を立てることが必要です。

    そのような対応は学校や塾、予備校など、一人で大勢の生徒を相手にする先生では難しく、生徒個人を見つめる家庭教師だからこそ可能になります。

    またスケジュールは必ずしも予定通りに進むものではありません。一年の間に起こる生徒のスランプや精神面をケアし、二人三脚でスケジュールを進めていく相棒としても、家庭教師は頼りになる存在です。