• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師に効果が感じられない時の対処法

    家庭教師に効果が感じられない時の対処法

    小学生の高学年にもなると、実に半数以上の子どもが塾や家庭教師を利用していると言われます。さらに最近では利用開始時期の低年齢化も進んでおり、東京など首都圏ではその傾向がより顕著になります。

    しかし、家庭教師などを利用してもあまり効果が感じられないというケースもあるかと思います。そんな時にはどのように対処すべきなのか、どういった部分をもとに家庭教師の良し悪しを判断すべきなのか知っておきましょう。


    子どもがどう感じているか


    まず、一般的に「勉強」の効果が感じられるようになるまでには最低3か月は要すると言われます。それまでの学習習慣、子どもの年齢やタイプによるところはありますが、家庭教師の効果の有無を判断するには、まずは3か月を目安にされると良いかと思います。

    そのうえで効果が感じられない時にまず確認したいのが、子ども自身の反応です。家庭教師を利用することで子どもに学習意欲がわいているようであれば、もう少し様子を見ても良いかもしれません。

    また、子ども自身に先生との勉強についてさりげなく尋ねてみても良いでしょう。本人が合わないと感じている場合や何か不満を抱えている場合には、先生や会社の変更を検討してみましょう。

    単に子どもが勉強したくないと感じているだけの場合もあるかと思いますが、それでもやはり、勉強に対する苦手意識を払拭できていないのであれば家庭教師自身の力量不足だとも考えられます。


    家庭教師派遣会社に相談してみる


    効果も感じられない、子どもの意欲も引き出せていないということであれば、まずは派遣元の会社に相談しましょう。先生に対して直接指摘するのは憚られるという方も多いかと思いますので、直接会社へ相談してしまった方がその後の対応が早いというメリットもあります。

    この場合には、気になることや要望についてはっきりと伝えることをおすすめします。会社側としてもオブラートに包んで言われるよりも意見を明確に伝えてもらった方が、改善策に反映しやすくなるためです。

    その際の対応や改善策に納得がいかない場合には、会社自体を変更してしまった方が良いでしょう。入会金を支払っているためなどの理由で、不満を抱えながらも続けてしまうよりは、早めに子どもに合った家庭教師を見つけた方が、トータルで考えるとコスパが良いはずです。一時の出費よりも、長い目で見た時の教育費として考えましょう。


    点数のみにとらわれないことも大切


    効果の有無を判断するまでには3か月の期間を、とお伝えしましたが、その判断材料については少し悩ましいところがあります。当然分かりやすいのが、テストの点数や成績でしょう。

    受験まであまり余裕がない場合には、模試の結果などの点数にこだわって判断せざるを得ないこともあります。ただそうでない場合には、点数以外にも目を向けたいところです。

    重要視したいのは、子どもの学習習慣や勉強に対する意欲の変化です。そのあたりに効果が感じられるようであれば、少し長い目で判断されると良いかもしれません。親御さんの方がよくご存じかもしれませんが、本人のやる気を引き出すというのは容易ではありません。その部分がカバーできているのであれば、家庭教師としての資質も感じられますし、子どものこれからの伸びにも期待できます。


    まとめ


    家庭教師を利用しても効果が感じられない時、すぐに辞めてしまうのではなく色々な面から判断したいところです。東京だと家庭教師派遣会社も多く、有名大学卒など優秀な家庭教師も多数在籍しているはずです。

    だからこそ会社選び・先生選びは難しいのですが、1つ大事にしたいポイントは、子どもの成長をどう考えるかです。点数や数字だけが、家庭教師による効果ではないことを頭の片隅に置いておきましょう。また当事者である子どもとも相談したうえで、最終判断をしたいものです。