• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師で成績を上げるのに必要な期間

    成績を上げるのに必要な期間

    家庭教師を検討する際に気になるのが「どれぐらいの期間で成績が上がるのか」、「週に1日の利用でも成果は出るのか」といったことではないでしょうか。決して安くはない入会金や月謝を支払って利用するものなので、きちんと結果に繋がらなければ困りますよね。

    実際のところ、どの位の期間を要するのか、成績を上げるために重要な要素とはどのようなことなのか、さらにそのための家庭教師選びについても解説します。


    最低3か月、ダメなら4か月


    いざ勉強を始めても、なかなか成績アップに繋がらずに諦めてしまうというのはありがちな事です。コツコツ勉強することの大切さについては散々耳にしてきたかもしれませんが、実際成績を上げたいと考えた時にはその積み重ねが欠かせないのです。

    実はきちんと勉強し始めて成績が上がるのには一定期間必要で、すぐに成績アップするのは稀だと言います。しかし積み上げてきた分、一気に成果として現れるというのがよくある現象なのです。これまで得てきた知識や問題を解いた経験の量が一定値まで達すると、ぐんと成績が上がります。

    それまでの学習習慣の有無にもよりますが、成績を上げるには最低でも3か月は必要だと考えた方が良いでしょう。長い目で考えるのも大切で、3か月でダメならあともう1か月頑張ろうという姿勢が重要です。成績が急上昇するポイントに到達するまで諦めないことです。


    成績を上げるのに大切な2つの事


    成績を上げるためには基礎固め苦手潰し、この2つが最も大切です。成績が伸び悩む理由は、元々の能力や努力の差ではありません。どの分野の基礎が固まっていないのか、苦手な単元はどこなのかといったことを把握していないのが、結果に繋がりにくい原因といえます。

    例えば単語テストや定期テストなら、少し本腰を入れて勉強するだけでもすぐに良い結果を出せたという経験があるのではないでしょうか。それは勉強すべき範囲が分かっていてそれに対応しているからです。

    しかし学力テストや模試ではなかなか点数に繋がりにくいと感じる場合が少なくないはずです。その理由はやはり、範囲が広いから、そしてその根底には基礎部分を広くきちんと理解できていない点があると考えられます。また、自分自身でどの部分が不十分なのか把握していないケースも多いように思われます。


    成績を上げてくれる家庭教師とは


    成績を上げるのに大切な2つの事として「基礎固め」と「苦手潰し」の重要性を念頭に置いておくと、それが家庭教師選びの基準にもなります。選び方として、まずは保護者の目の届くところで体験学習を利用することです。そして実際の授業風景で、次のような事をチェックしておきましょう。

    まずは、子どもへの問いかけです。一方的に家庭教師が答えを提示したり解説したりするのではなく、子どもがどう考えて答えを導きだしたのか、どこで悩んだのかなどを上手く聞き出していくようなやり取りが大切です。そして授業を踏まえたフィードバックとして、保護者に対してただ子どもを誉めるだけでなく、これから取り組んでいくべき点を提案できるかどうかが重要です。
    ] 子どもの現状を適切に判断し、どのようなことを強化していくと良いのか説明してくれる家庭教師ならば、基礎力の向上や苦手分野対策に講じてくれるはずです。


    まとめ

    東京など都心部ではたくさんの塾や家庭教師があり、どう選べば良いのか、どこなら成績が上がるのかと悩むケースも少なくないでしょう。まず成績を上げるためには一定期間を要すること、基礎固めと苦手潰しが重要なことを理解しておきましょう。じっくり生徒と向き合って問題に取り組むというスタイルから考えると、家庭教師の方が基礎学力アップにはより適した環境といえるかもしれません。

    そしてより良い家庭教師を選ぶには、体験授業を活用して見極めることです。東京都内で調べるだけでも非常に多くの会社がヒットすると思いますので、いくつか比較されると良いでしょう。