• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 未就学児と家庭教師

    未就学児 令和2年には教育改革として、新学習指導要領の導入・大学入試改革・英語改革などが行われます。そういった背景も相まって、家庭教師派遣会社のサービスにも多様化が見られます。

    その1つとして幼児向け家庭教師コースの充実があります。特に東京など都心部においては需要の増加も見られるようで、未就学児コースが設定されていたり、幼児専門の家庭教師派遣会社があったりもします。未就学児の家庭教師とはどのようなものか、紹介したいと思います。

    家庭教師を利用する目的


    家庭教師といえば受験のイメージを持つ方が多いかもしれませんが、未就学児向け家庭教師では、受験対策以外にも活用されることが少なくありません。幼児教室で行なわれるような、能力開発を目的とした内容を自宅で受講できるコースも人気があるということです。

    幼児教育のメソッドを自宅で体験できるのは、幼児期ならではのメリットもあります。それは時間と場所です。教室までの移動時間や慣れない場所で過ごすこと、それが負担になるお子さんも少なくないため、自宅での学びを選択するご家庭も増えているようです。

    また東京の有名小学校受験対策にはマンツーマンでしっかり指導を受けた方が効率が良いという考えから、家庭教師をメインに利用される場合もあります。ペーパーテスト対策だけでなく、美術・運動・音楽コースを受講できるなど、総合的な能力が試される小学校入試に適した環境といえます。

    未就学児の学習内容


    未就学児の家庭教師の二本柱ともいえる能力開発受験対策、2つのコースの一般的な内容を紹介します。まず能力開発ですが、このようなコースの主な目的は、子どもの持っている能力を最大に引き出し伸ばしてくことです。そのためプリントワーク中心というよりは、パズルや数遊びの教具を使った学び、絵本の読み聞かせなどを行ない、年齢や発達段階に合わせた学習をしていくイメージです。

    一方受験対策コースでは、ペーパーテスト対策に加えて絵画・制作、運動や音楽など、小学校受験対策に必要な学びを幅広く行っていきます。プリントワークについても受験で頻出の「お話の記憶」や「位置・形の記憶」、「回転図形」、「数の比較」といったものを中心に進めていきます。会社によっては、志望校別に対策をしてくれるケースもあります。

    低年齢であるほど家庭教師選びが大事


    未就学児といえば、年長だとしてもまだ5歳です。年齢的にも特に家庭教師選びは慎重に行なうべきです。スポンジのように何でも吸収する時期だからこそ、密接に関わる家庭教師の影響は大きいといえます。良き手本となる教師と出会えるかどうかが、子どもの成長に直結すると考えても良いでしょう。それは学習面だけでなく、精神面にもつながるものです。

    まずはいくつか体験レッスンを利用して、しっかりと比較してみてください。子どもへの接し方はもちろんですが、どうしても相性というものはあります。たとえ人見知りの子どもであってもリラックスしているかどうか、授業内容に興味を持っているかどうかなどをチェックしてみましょう。また、どのような目的や目標があって利用するのか明確にしておいた方が家庭教師選びもスムーズになるはずです。

    まとめ

    未就学児向けの家庭教師コースも、今や特別なものではなくなりつつあるようです。幼児期だからこそ、幼児教室や習い事に通うよりも自宅で学びの時間を取った方が良いこともあります。ただそうなると、家庭教師とはより密接な関係を築くこととなります。そのため、特に家庭教師選びは慎重に行なうべきだといえるでしょう。

    勉強というものを前向きに捉えられるようになるか否かは、この時期の学びが大きく影響すると考えるべきです。相性の良し悪しに加えて、子ども自身が意欲的に学べる環境づくり、雰囲気づくりの上手な人が、理想の人物像といえます。