• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 未就学児に家庭教師は必要か

    未就学児に家庭教師は必要か 幼児教育への関心が高まる中、幼児期の習い事が主流となっています。それと比例して家庭教師の利用も増えており、東京の有名小学校があるエリアでは年々ニーズが高まっているようです。自宅で学習できるという面では未就学児向けのシステムとも言えるため、習い事の一環として家庭教師を選択されるご家庭もあるようです。実際、いわゆる「お勉強」や「お受験対策」だけでなくピアノや英会話の家庭教師があるなど、多様性も見られます。

    5歳までに家庭教師を利用する背景


    幼稚園児の頃から家庭教師を利用する理由は、やはり多くの場合小学校受験を見据えてのことです。幼児期の習い事にしては比較的高い授業料となるのが一般的ですので、少し余裕のあるご家庭での利用が多いのが実情でしょう。とはいえ家庭教師のハードルは随分と低くなっている部分もあり、幼児教室と変わらない料金設定だったり、習い事感覚になっていたりと、利用者のニーズに幅広く答える会社も増えています。

    そういった傾向は幼児教室でも然りで、様々な価格帯でそれぞれ特色を持った教室が増えています。しかし東京の有名教室などの場合、キャンセル待ちだったり希望の曜日で空きがなかったりするケースも多く、そういった方々が、融通が効きやすくより良い学習環境を求めて家庭教師を検討される場合もあるようです。

    幼児教室との比較


    幼児教室での学びは役に立つことも多いでしょう。子ども同士が触れ合い社交性を身に付けたり、保護者同士の情報交換の場となったりと、様々なメリットも考えられます。ただし、学習効果に注目してみると、教室で学ぶことよりも家庭での取り組みの方が大事だとよく言われます。小学校受検に焦点を当ててみても、やはり家庭での過ごし方や勉強への取り組みが合否に大きく影響するということです。

    教室で習うようなことを、家庭で習慣的に取り組み定着させていくことが何より重要なのです。特に小学校受験は特殊で、親の受験でもあると言われます。そのため親子関係の良好さも非常に大切なので、親子共にストレスなく受験対策できる環境が欠かせません。他の子どもと比較してしまったり、子どもが伸び悩むとすぐに落ち込んでしまったりするのであれば、わが子だけに集中できる家庭教師を利用する方が良いかもしれません。

    子どものタイプに合わせて選ぶ


    送迎が不要な家庭教師では、親子共に負担が少ないといったメリットもあります。一方で、電車やバスなどの公共交通機関を利用して教室に通うことが、小学校受験に役立つ能力が培われることもあります。多くの子どもの中で過ごすことで、集団行動に強くなることがあるかもしれません。

    家庭教師も幼児教室も、一長一短です。特に低年齢の子どもには向き不向きが大きく分かれる部分でもありますので、お子さんのタイプに合わせて選択されるのがベストでしょう。例えば仲間と切磋琢磨することで伸びるタイプなのか、先生と密に関わることで意欲的に学べるタイプなのかでも選択肢は変わってきます。いずれにせよ重要なのは、お子さんが楽しんで夢中になっているかどうかです。子どもが能力を伸ばすのは、楽しいと思って意欲的に取り組んでいるときだからです。

    まとめ

    未就学児にとって家庭教師とは、今や習い事の一つという感覚もあり、実は意外と身近な選択肢となりつつあります。お子さんのタイプに適していれば、週に1回の利用でも高い効果を生むことは間違いないので、幼児教室などと比較検討されてみてはいかがでしょうか。重要な判断基準はお子さんが楽しんで取り組んでいるかどうかです。また親御さんとしても、負担やストレスなく続けられる方法を選択されるのが一番良い方法と言えるでしょう。