• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 東京の難関中学受験には「プロ家庭教師」という選択をすべき理由

    東京の難関中学受験には「プロ家庭教師」 早ければ幼稚園受験、そして大学受験までと、子どもにとって「受験」のタイミングが何度か訪れます。学校のレベルや個人の能力は別として、中でも最も難しいと言われるのが中学受験です。それは問題の出題形式、子どもの年齢的なものからくる難しさです。そのハードルを乗り越えるためには、どのような勉強法が有効なのでしょうか。先に述べた2つの「難しさ」にきちんと対応できるのはプロ家庭教師だと考えられます。

    プロ家庭教師とは


    「プロ家庭教師」は読んで字のごとく、家庭教師を専業として行っている人物だと思っていただければよいでしょう。比較対象としては、学生アルバイトの家庭教師という存在があります。「プロ」の定義は会社によるところが大きいのですが、

    ただ社会人で専業家庭教師を行っているのではなく、科目・対象学年・目的・志望校別に何かしらのプロフェッショナルである場合が多いと言えます。経験・実績に伴ってプロとして採用されているので、ただ受験に向けてしっかり指導してくれるだけではありません。

    子どもの性格や能力に応じた指導、メンタル面のケア、モチベーション維持のサポートなどへの対応も期待できます。決定的に苦手な分野がある、勉強が嫌い、受験と言う大きな目標がある、といった場合には、「家庭教師」より一歩先の「プロ家庭教師」を利用してみてはいかがでしょうか。

    東京の中学受験事情


    なぜ中学受験がそんなに難しいと言われるのでしょうか。2つのポイントで考えます。
    まずは、問題の出題形式に関してです。小学校で習う内容から出題されるからと言って、大人がその入試問題をスラスラと解けるのかと言えば決してそうではなく、ご家庭で対応するのはなかなか難しいと思われます。確かに、基本的には小学校で習う知識を問うものです。しかし、すべての科目のあらゆる知識を組み合わせて思考し、それを解として表現する、この過程が中学入試で求められるのです。東京の難関校になればなるほど、思考力や発想力、表現力が必要となります。

    そして子どもの年齢的なものを配慮した時にも、やはり中学受験の難しさがあります。思春期や反抗期を迎え、受験勉強を始めるのがちょうど親へ反発しやすい時期となってしまうためです。そこで、信頼できる身近な「他人」である家庭教師の存在が大きくなるというわけです。

    どう家庭教師を選択するか


    プロ家庭教師は、過去の実績や能力に応じて、その会社で「プロ」として採用されています。そのため、プロとしての採用基準が厳しい会社を選択しておくと良いでしょう。

    また、特に受験対策として家庭教師を利用しようとお考えの場合には、当然受験対策を得意としていて、本人にも受験の経験がある人物を選びたいところです。

    後者については時代が違えばあまり意味がないのではと思われがちですが、受験の経験を重視したいのは、試験内容に関わる部分ではありません。どちらかと言えば、小学生時代に受験勉強をした、中学受検に挑んだ、という経験によるメンタル・モチベーションの面において有効だからです。経験者の強みは、自身の受験経験をもとに子どもの気持ちに寄り添えるというところにあります。

    まとめ


    一筋縄ではいかない中学受験。だからこそマンツーマン指導の家庭教師を、そして一歩進んでプロ家庭教師という選択をされてみてはいかがでしょうか。

    子どもの苦手分野に特化している、合格実績が高い、志望校に精通している、自身に受験経験があるなど、様々な判断基準があるかと思います。どの点を重視したいのか、どの分野のプロの力を借りたいのか、ある程度明確にしておくと家庭教師選びはスムーズです。

    学生よりもプロ家庭教師の方が、授業料が高くなるのが一般的ですので、慎重に人選したいところです。