• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 反抗期に家庭教師を利用することのメリット

    反抗期に家庭教師 そろそろ受験を意識して家庭教師の利用を検討する時期、程度の差はありますが、多くのお子さんが反抗期に突入しているのではないでしょうか。

    受験勉強に関することで親子喧嘩が絶えないことがあるかもしれません。そんなとき、家庭教師という第三者がいることでそのような関係が緩和されることもあります。親が言ってもなかなか机に向かわない子どもでも、他人でしかも「先生」だからこそ素直に聞き入れられるのです。

    反抗期の子どもへのNGワード


    受験を控えた子どもについ親が言ってしまいがちなのが、「勉強したの?」、「お父さん(お母さん)が子どもの頃は…」といったNGワードです。

    勉強したのかどうか、顔を合わせれば聞いてしまう親がいます。やたらと聞かれてしまうのでは、子どもとしては反抗心から余計に勉強したくなくなってしまいます。他の子と比べるのも自尊心を傷つけるので良くないとされますが、意外と多いのが昔の自分と比べてしまう親です。実際に親がどれほど頑張っていたのか、子どもとしては知る術もありません。それにほんの5年でも東京の受験事情は目まぐるしく変わっているというのに、親の時代と現在では比較しても仕方ないと、子ども自身も知っているはずです。

    いずれも子どもを心配する親心からくるものですが、表現の仕方を間違えると親子関係は悪化する一方です。しかし放っておいて本当に勉強しなかったのでは困ります。そこで頼りたいのが家庭教師という存在です。

    家庭教師が親子間の緩衝材になることも

    親だって1人の人間なので、子どもに反抗的な態度ばかりとられていたのでは腹も立ちます。するとどうしても、わが子の「できない」、「悪い」部分にばかり目がいきがちになってしまいます。

    そこで第三者の目から見た子どもの様子を聞くことで、気づけていなかった「よくできる」、「良い」部分を発見することができます。受験勉強の進み具合を確認するのは家庭教師に任せて、親はその頑張りを認めるような声掛けをしてあげましょう。

    子ども自身も、親に言われたらやりたくないことも、家庭教師という第三者であれば素直に聞けることもあります。子どもであっても、学校生活が始まれば「外の顔」を持つようになります。先生に対しても多少反抗的な態度をとることもあるかもしれませんが、やらなくてはいけないことぐらい分かっているはずです。だからこそ、やるべき勉強の指示は他人である家庭教師が行うのが良いと言えます。

    子どもの手本となる先生を

    反抗期の子どもの先生となる人は、子どもが心を開いて接することができるかどうかが要です。趣味や学校での話など、気軽に話ができるような先生が望ましいでしょう。

    ただし、楽しいだけでは不十分です。この時期の子どもは、友達や身近な人々の影響を受けやすいものです。子どもの手本となるような人物であることが必須条件です。

    大人として真面目に、そして真摯に子どもと向き合ってくれるような先生を選びたいものです。また、授業内容や進捗状況、子どもの様子など、適宜きちんと親に報告してくれるような先生がベターでしょう。

    会社によっては授業後の報告がシステム化されているところもありますが、そうでない場合もあります。契約前に確認し、要望をしっかりと伝えておかれると良いでしょう。東京など首都圏だと家庭教師の選択肢も幅広いので、きっと条件に合う会社や先生が見つかるはずです。

    まとめ

    反抗期、そして受験へのストレスから、なかなか親子関係がうまくいかないと悩む方々がいます。しかし子どもの反抗期は成長過程の1つですし、親を信頼しているからこその態度です。つまりこの時期の子どもによる甘えだとも考えらえます。

    親に甘えて反抗することで、不安定な心のバランスを保っているのです。その点を忘れないようにして、受験勉強の指導をするのは家庭教師、一歩ひいたところでサポートしたり労いの言葉をかけたりするのは親の役目とすると、親も子どももお互いに楽になるかもしれませんよ。無関心はいけませんが、この時期の子どもとの関係は、第三者を交えるぐらいがちょうど良いということもあるのです。