• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師を活用して一歩上の自由研究を仕上げる

    夏休みの自由研究 夏休みに入ると、子どもたちは非常にワクワクするでしょうが、一方で親御さんを悩ませる問題があります。それは、自由研究で何をやるかということです。

    最近では、Webで自由研究のネタ自体はいくらでも拾えるのですが、せっかく手間と時間をかけてやるのであれば、コンクールなどを突破するような質の高い自由研究をやりたいものです。

    ここでは、一歩上をいく自由研究を、家庭教師の手を借りて実現する方法を考えていきます。

    素材あふれる東京での自由研究と家庭教師


    東京には、博物館や美術館のほか、動物園や水族館など、文化施設が集中しています。

    また、夏休みには自由研究のワークショップなども多く開かれるので、自由研究のネタに困ることはめったにありません。

    ところが、大抵の家庭では、自由研究はむしろ親御さんの宿題になってしまう傾向があります。

    これは、親御さんやお子さん自身が設定した自由研究の課題が、お子さんにフィットしていなかったり、必要な時間や手間をうまく見積もれなかったりすることで発生する現象です。

    このような事態を避けるには、まず自由研究に無限に時間と手間をつぎ込むのではなく、ある程度時間を制限した状況で、高いパフォーマンスを発揮できるテーマを設定する必要があります。

    家庭教師のいる時間には限りがありますし、その一方で親御さんよりもお子さんの適性を見抜くことができるので、ある意味自由研究の指導役としては最適なのです。

    家庭教師が東京で自由研究の指導をするときのコツ


    家庭教師が自由研究の指導をするにあたって考えなければいけないのは、自由研究を次の3つに大別することです。

    「体験型」はいつもと違う体験をして、それを記録する方法で、社会科見学やワークショップ参加がこれにあたります。

    東京には各種施設が集中しているので、短期かつ簡単に自由研究を済ませるには一番簡単な方法です。

    「観察型」は、植物や動物の生育、天候などを観察して、それを記録したり分析したりする方法です。時間はかかりますが、色々なところのコンクールがあるので、受験のための実績作りがしやすいパターンです。

    一番厄介なのが「実行型」で、何かを作る、あるいは習得する方法ですが、実は家庭教師の本領が発揮されるのはこのパターンです。

    家庭教師は客観的にタイムテーブルを作って、進捗状況を定期的にチェックすることができるので、タイムキーパーとして活躍してもらいましょう。

    東京で自由研究指導が得意な家庭教師を探す方法


    自由研究は教科教育と離れる部分が多くあるので、家庭教師の地力が試されます。最近では夏休みに家庭教師を派遣する会社でも、自由研究重視を謳ったところがあるので、是非それを活用しましょう。

    知り合いなどに声をかけて家庭教師を探す場合、少し適性について考えなければいけません。自由研究は学校でも家庭でもない、地域資源に接することで成立するパターンが多いので、できれば社会教育に明るい人を採用したいところです。

    具体的には、学芸員・司書・社会教育主事などの有資格者や経験者が有力でしょう。東京であれば、こういった有資格者や経験者を探すことはそれほど難しくありません。自治体によっては人材バンクを作っていることもあるので、一度図書館などで相談してみましょう。

    まとめ


    自由研究は、やろうと思えばいくらでも手を抜くことが可能です。その一方で、しっかりとした自由研究ができれば、国際コンクールへの出展や、論文発表・特許出願といった飛躍も夢ではありません。

    質の高い自由研究を仕上げるのは楽ではありませんが、お子さんにとっては一連の経験が大きな財産になります。

    今年は、いつもの夏休みよりもレベルを上げた自由研究に挑戦してみませんか。
    家庭教師も、皆さんを全力で応援しています。