• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師との学習で身につけるべき「自学力」

    家庭教師との学習で身につけるべき「自学力」 新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)対策により、短縮授業や分散登校、オンライン授業など、学校の授業形態に変化が生じています。この先も自宅での自習時間が増える可能性が高く、東京をはじめとした首都圏では特に、子どもの学習環境に関して見直す必要があります。

    このように変化が生じる中で、求められるスキルに「自学力」があります。自学力とは何か、家庭教師との学びで身に付くといわれるのはなぜか、解説します。

    自学力とは


    自学力」とは読んで字のごとく「自分で学ぶ力」のこと。もう少し掘り下げて考えるとするならば、自分で勉強する方法を知っていて、さらに自ら意欲的に学習に取り組む姿勢があるということです。自習するための力と本人の意欲、いずれも欠かせません。

    「勉強の方法は知っていてもやる気がない」、「意欲はあってもどう勉強すればよいかわからない」では、継続して学ぶことは難しいでしょう。目標に向かって計画を立てて、積極的に学び続けること。これが成績アップや志望校合格に最も必要な力である、自学力というものです。

    また、この力は人生においても大切です。意欲的な学びの姿勢や勉強する技術は、社会人として成長するためにも役立つスキルとなるでしょう。移り変わりの激しい世界でよりよく生きていくためにも、子どもの自学力について今一度考えておきたいところです。

    家庭教師の利用がなぜ有効か

    自学力を身に付けるために必要なものの1つは、勉強のやり方を知ることです。勉強のやり方はさまざま。少し調べるだけでも、「効果的な学習方法」が無数に出てくるでしょう。しかし本当に効果的な方法は、人それぞれです。そして、生徒ごとに適した学習方法やカリキュラムを提案できるのは、家庭教師ならではの強みといえます。

    さらにもう1つ、勉強に対する意欲についても、家庭教師の先生によって高められることがあります。子どものやる気を引き出すには、褒めることが何より大切です。

    しかし、子どものやる気を引き出すには、本人の素質や結果ではなく行動や努力の過程を褒めたほうがよいなど、実は褒め方にも適切なやり方というものがあります。マンツーマン指導でしっかり子どもに向き合っているからこそ、子どもの頑張りに対して肯定的な言葉がけをすることができるのです。

    まとめ

    学校の授業をはじめとした学習環境が変化する今、子どもの学習への向き合い方を見直す時期なのかもしれません。東京など首都圏では特に、その必要があるといえます。激しい変化に対応するためのスキルとして「自学力」が挙げられます。

    自分で学ぶ力」は、家庭教師との学習で身に付くこともあります。マンツーマン指導で生徒とじっくり向き合う家庭教師だからこそ、その子に合った学習方法を提案したり、その子に適した褒め方をしたりできるのです。子どもの自学力を高めたい、学習環境を見直したいという方は、家庭教師に相談してみてはいかがでしょうか。