• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 9月入学・新学期制度をどう捉えるか

    9月入学・新学期制度をどう捉えるか

    9月入学・新学期制度を検討し、日本の学校も国際的なスタンダードに合わせようという動きが見られます。9月を新学年のスタートとするべきか否か、ニュースを見て保護者の方は様々な意見を持たれたのではないでしょうか。


    特に東京では中学受験が当然の選択肢としてある地域も存在しているため、関心を寄せている方々も多いことでしょう。現実問題として課題も多く、実現されるかどうかは分かりませんが、そのメリットやデメリットについて考えてみる価値はあるでしょう。


    注目すべき2つのメリット


    9月新学期制度による大きなメリットは主に2つ。1つ目は、欧米と時期を合わせることで、海外からの留学生を迎えやすい環境になり、日本の学生もまた時期的にスムーズに留学制度が利用しやすくなる点です。


    これは日本の学生が留学を決める際のハードルを下げる一因となるはずです。人材交流がより一層盛んに行なわれれば優秀な人材が日本に来ることとなり、競争力の高まりも期待できます。


    2つ目は、冬の寒い時期の入試を避けられる点です。例年入試の時期にインフルエンザなどが流行することを考えると、実はこれも大きなメリットだと言えます。普段以上に体調管理を気にしながら受験勉強に励み入試に臨むよりも、精神面でも良い状態だと言えるのではないでしょうか。

    制度さえきちんと整えば、受験生にとっても在学生にとってもメリットがあるということです。

    すぐに実現するのは困難?


    メリットについては認められているものの、実際に制度変更するとなるとさまざまな課題が残ります。4月入学、9月入学生が混在すると入試や就職における混乱が生じること、また就職活動の時期は4月入学を前提としているため、9月入学生は不利になることなどが懸念されます。


    そしてこれらの課題を解決するとなると、学校教育関係者だけでなく、日本の企業全体での改革が求められるのも大きなネックとなるでしょう。法治国家の日本において法律改正は容易でないことも考慮すると、制度改革をスピーディに行なうのは現実問題として難しいとも言えます。


    さらに学校や一般企業だけでなく、学習塾や予備校といった分野にも大きな影響を与えるはずです。ただその点でいうと、家庭教師はマンツーマン指導という特徴から、制度改革には対応しやすいと言えるかもしれません。


    どんな変化にも対応するためには


    保護者としてこれから考えるべきなのは、9月新学期制度の是非自体よりも、変化の激しい時代に生きる子どもたちの教育についてではないでしょうか。たとえ休校が続いても学校の仕組みが変化しても、それに対応するためには前提として家庭での学習習慣が求められます。


    どんな環境においても自主的に学び続けられる能力が、今後は大きな強みとなるはずです。そしてそのサポートをしやすいのが、家庭教師の存在です。

    家庭教師を利用することで、自宅で勉強する習慣がつきやすいと言われます。多くの家庭教師会社では、授業のフィードバックや次回までの学習計画の提案といったサービスが充実しています。すると保護者も勉強のサポートがしやすく、子ども自身も勉強に向き合いやすくなるというわけです。さらにマンツーマン指導が基本の家庭教師では、子どもの学力に応じて柔軟な授業をしてくれるのも利点と言えるでしょう。

    まとめ


    いま制度改革自体をどう考えるかというよりも、目まぐるしく変化する時代にどう対応するかということを考えるべきではないでしょうか。

    そこに焦点を当てるとするならば、いかなる状況でも自身で勉強を進めていく力が求められます。すると基本となる家庭学習が重要で、家庭教師のサービスを活用すればそのような習慣が身に付くはずです。東京などの都心部で家庭教師のニーズが高まっているのは、このような考えを持つ親御さんが増えているという背景があるのかもしれません。

    どう学習習慣を身に付けさせたら良いのか分からない場合には、ぜひ家庭教師の利用を検討してください。