• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 作文・小論文対策と家庭教師

    作文・小論文対策と家庭教師 作文や小論文に苦手意識を持つ子どもが多いようです。その背景には、よく問題視されている「子どもの読書離れ」、「自己表現力の低下」といったものがあるのも事実でしょう。

    ただ他にも理由を挙げるとするならば、文章を書く練習をする機会が少ないのも1つの要因だと考えられます。国語の成績向上、推薦入試対策などをお考えならば、家庭教師を利用してみるのはいかがでしょうか。実は作文や小論文は、マンツーマン指導がとても効率が良いのです。

    受験における作文・小論文の重要性


    どこの学校を受験するのか、どのようなタイプの入試を受けるのかによっても、作文や小論文対策の重要性が異なってきます。東京都の学校における受験対策として、一般的に作文や小論文が必要になるケースを見ていきましょう。

    まずは中学受験ですが、中高一貫校の一般入試、都立中学校や推薦入試などでは、作文が受験科目となる場合が多くなります。そして高校受験では、たとえば都立高校の推薦入試、その他私立高校の推薦受験・併願受験の際に必要となることもあります。

    大学受験においては、AO入試、推薦入試だけでなく、国公立大学の二次試験でも小論文が課されることがあります。また今回は受験に注目していますが、高校卒業後に就職をする場合でも、たとえば志望理由書、自己PR文といったものを書くための文章力が重要となることがあります。

    小・中学生の作文対策


    小・中学校の授業でも作文を書くことがあります。「作文の書き方」を習う時間もあるはずです。それでも作文を書くこと自体が苦手だという子どもが多いのはなぜでしょうか。

    ひとつには、「どう改善すれば良いか分からない」というのがあるかと思います。よほど力を入れている学校でない限り、なかなか細かく添削をしてもらう機会がありません。どこをどうすれば完成度の高い作文となるのか、具体的な指導が足りないままに「作文の授業」が終わってしまうのです。そこでおすすめしたいのが家庭教師です。

    本来作文に関して正解も間違いもありません。とは言え、読み手が最後まできちんと読んでくれるような文章を書くことは大切です。誤字脱字の有無、より適切な文章表現、文章構成などを細かにチェックして指導できるのは、マンツーマン指導の家庭教師ならではと言えます。

    高校生の小論文対策


    高校生の小論文対策に関して言うと、作文に比べて「より適切な」文章表現、「よりスムーズな」論理展開が求められます。とすれば、やはり学校の授業や独学では十分な対策が難しいと言えます。通信の小論文添削を利用するのも1つの方法ですが、子どもによっては文面で指導された内容を理解するのが難しいこともあります。

    そういった点でも、口頭で適宜指導をしてもらえる家庭教師は効率的だと考えられます。また、様々なテーマに挑戦することができるのも家庭教師を利用することのメリットです。

    文章を書いたり、テーマに沿って意見をまとめたりするには、いろいろなパターンで繰り返し練習していくことが上達するための近道です。生徒の志望校、苦手なポイントや能力に応じたテーマ選択ができるのも家庭教師の強みと言えるでしょう。

    まとめ

    作文や小論文では、原稿用紙の使い方や文章構成の方法などの基礎を押さえるのはマストですが、何か「テクニック」を習得すれば東京都における入試に対応できるのかと言えばそうではありません。読みやすい文章を書いたり、自分の考えをまとめたりするには、訓練が必要です。

    どこをどうすればよりよい文章となるのか、改善ポイントをうまく伝えていくには、マンツーマン指導という強みを持つ家庭教師が適していると言えます。たとえば、文章を書くのが苦手なのか考えをまとめるのが苦手なのかによっても指導法は異なります。個別に対応できる家庭教師というのは、まさに作文や小論文対策に向いていると言えるのではないでしょうか。