• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師を活用して夏休みの睡眠障害を防ごう

    睡眠障害
    このページでは、家庭教師を活用して夏休みの睡眠障害を防ぐ方法を考えていきます。夏休みはいつもと生活リズムが変わり、また暑さから寝苦しいことがあるため、睡眠障害が発生しやすい傾向があります。

    子どもが睡眠障害、というのはイメージがつかみにくいのですが、実は子どもの時の睡眠障害は、生活リズムを崩すだけでなく、後々の発達に大きな影響を与えるため、何としてでも防がなければなりません。

    ここでは、睡眠障害を発生させる大きな要素と、それに家庭教師がどう対抗できるか考えます。

    東京で睡眠障害が発生しやすい理由と家庭教師の関係


    実は、東京は他の地域と比べ、睡眠障害が発生しやすい環境にあります。まず、東京は商業施設などが多く、街自体の照度が夜でも高い傾向があります。

    夜に強い照明にさらされていると、睡眠に直結するメラトニンという物質の分泌に異常が出て、睡眠障害が発生しやすくなるのです。

    次に、東京は他の地域に比べると交通網が発達していて、東京都条例が定める夜10時頃まで、子どもでも外出しやすい環境になっています。

    そのため、特に時間の自由が効く夏休みは、遊びや塾などで帰宅時間が遅くなり、その結果就寝時間が遅くなる傾向があるのです。

    最近、子どもの不登校が話題になっていますが、その大きな原因として、睡眠障害が挙げられています。夏休み明けの不登校を防ぐためにも、家庭教師の力を借りて睡眠障害を防止したいところです。

    家庭教師による東京ならではの睡眠障害防止対策

    睡眠障害が発生すると、まず脳の記憶領域に異常が発生します。多くの人は睡眠障害と言うと昼間の眠気を想像しますが、実は眠気より先に、記憶障害が発生しやすくなるのです。

    記憶障害が発生すると、学習効率が著しく下がるので、家庭教師でも早い段階で予兆をつかむことができます。もし急に物覚えが悪くなるようなら、早めに伝えてもらうようにしましょう。

    睡眠障害に影響を与えやすいと言われている携帯やスマートフォンですが、特に浸透している東京の場合、逆手に取ることができます。

    アプリケーションのチャットなどを使い、時々家庭教師に抜き打ちでお子さんに連絡を取ってもらいましょう。既読かどうかもすぐわかるので、変な時間に昼寝をしていたり、逆に夜遅くに起きていたりという傾向をいち早くつかむことができます。

    東京で睡眠障害を防げる家庭教師を探す方法

    睡眠の問題は医療領域ですので、適任者はやはり医学部・看護学部在籍の大学生家庭教師です。彼らは総じて学力も高く、教科教育にも十分当たることができるので、家庭教師としても非常に汎用性が高いと考えられます。東京には医学部・看護学部も非常に多いので、人探しにはそれほど苦労しないでしょう。

    対する穴場として考えておきたいのが、養護教諭勤務経験者の社会人です。養護教諭はその仕事の激しさから、中途退職者も多いのですが、こういった人たちは常日頃から子どもの声をたくさん聞いてきたので、睡眠障害の背景にあるのが環境の問題なのか、それとも心理的問題なのかを探り当てることができます。

    もし現段階でお子さんが睡眠障害の傾向があるなら、社会人家庭教師を扱う業者に依頼して、養護教諭勤務経験者を派遣してもらうのも良い方法です。

    まとめ

    睡眠障害と言うと、「朝早く起きられないのが原因だからラジオ体操にでも行かせよう」と考える親御さんは少なくないのですが、事態がそう簡単でないのは、最近の社会情勢が物語っています。

    睡眠障害は一旦発症してしまうと一生抱える可能性が高く、学力だけでなく将来的な生産性なども失うという大きなリスクが存在します。

    夏休みは生活のリズムが崩れやすい半面、長い時間子どもの行動を観察できるチャンスでもあるので、睡眠障害傾向もつかみやすくなります。

    家庭教師を活用して、睡眠障害の芽を早い段階で摘んでおきましょう。