• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • スマホ依存の子どもと学習環境

    スマホ依存の子どもと学習環境 ゲームや動画、SNSといったコンテンツは子どもの娯楽として大きな存在です。それを後押ししているのがスマートフォンの存在でしょう。

    必ずしもスマホを使うのが悪いことではありませんが、生活習慣や学習環境に悪影響を及ぼすのであれば考えものです。子どもが「スマホ依存」にならないために、あるいは適切にスマホを使えるようにするために、保護者はどう向き合うべきか、家庭教師がどうサポートできるのかなど解説します。

    スマホは勉強の妨げになるのか

    多くの子どもにとって「勉強=楽しい」のようにはつながりにくいもの。当然、スマホを使っている時の方が子どもにとって楽しい時間になるのは仕方のないことでしょう。スマホが勉強の妨げになるのか否かと問われると、少なくとも集中力が欠ける大きな原因のひとつだというのは間違いないでしょう。

    ただしスマホが直接的な原因となるケースと、単に勉強をサボるツールがスマホだというケースについては、分けて考える必要があります。例えばスマホを取り上げた場合、前者では何としても取り返そうとするでしょうし、スマホの代用品を見つけるのが難しいはずです。

    しかし後者の場合、スマホはただの暇つぶしだったり勉強を後回しにしたりするためのツールという側面が大きいため、恐らくTVやゲーム、漫画など勉強以外の何かしらに夢中になるはずです。

    保護者が意識すべきこと


    勉強せずにスマホばかりさわっている子どもの様子を見ると、小言を言ったり怒ったりしてしまう。そんな親御さんは少なくないでしょう。さらに言うと、経験則上怒っても逆効果だと知っているにもかかわらずつい怒ってしまう、そんな方々も多いはずです。保護者としては子どもにどう向き合えば良いのでしょうか。

    スマホ自体が明らかに勉強の妨げになっている場合には、使い方のルールを明確に決め直す必要があります。ルールを定めたら、親子ともにその決まりを徹底的に守ることです。

    一方スマホが暇つぶしである側面が大きい場合には、生活習慣や学習習慣について話し合うことです。受験という明確な目標がある場合には、どのようなペースで勉強していく必要があるのか、それをふまえてスマホなどの娯楽とはどう付き合えば良いのかを親子で考えてみましょう。

    第三者の家庭教師という存在


    勉強とスマホについて、家庭教師を巻き込んで話し合いをするのもひとつの方法です。そのメリットは2つあり、まずは第三者を含めることで親子ともに冷静に話し合いができること、もう1つは子どもの現状をふまえた勉強のプランを立ててもらえることです。

    スマホの使い方を話し合うとなれば、多かれ少なかれ子どもは反発するでしょうし、保護者も感情的になりがちです。しかしそこに家庭教師という第三者を交えると、建設的な話し合いができるはずです。第三者目線の折衷案が出るかもしれません。解決の方向性としてはどう勉強にも時間を割けるようになるかだと思いますが、家庭教師との学習日以外の勉強計画を立てることでうまくいくことがあります。

    家庭学習が進まない原因として実は多いのが、子ども自身何をすれば良いか分からないことで、スケジューリングされていることで机に向かいやすくなるのです。

    まとめ

    東京をはじめとして全国で休校が続いたこともあり、スマホの使用時間が増え、生活習慣が乱れたり勉強時間が少なくなったりして頭を悩ませる親御さんが増えているようです。

    長期休暇でいかに学習していくかが、成績や受験勉強には大きく影響します。これを良い機会として、フリーな時間をいかに有効活用するのか、スマホをどう使うべきなのかなど、親子でじっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。

    家庭内でうまく進まない場合には、家庭教師に頼るのも良いでしょう。東京には多くの家庭教師会社があるので、家庭のニーズに合った家庭教師がきっと見つかるはずです。