• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 勉強しない子どもへのイライラと解決法

    イライラと解決法 子どもが自宅にいる時間が長ければ長いほど、親がイライラしてしまうことがあります。生活習慣だったり反抗期特有の態度だったりと、その原因は各家庭によってさまざまですが、多くの家庭で共通することが多いのが勉強についてです。

    簡単に解決する方法というものはありませんが、お子さんの勉強時間が確保されることで親子間の衝突が緩和されることがあります。
    家庭学習への効果的な取り組み方について考えてみましょう。

    なぜ親子間でトラブルが生じるのか

    春休み、休校措置と続く中で、親子間のトラブルが起こりやすくなっていると言われます。原因の多くを占めるのが、学習状況についてです。普段は学校で勉強している安心感があるので、多少家庭学習をおろそかにしていても親としては大目にみる部分があります。

    しかし学校という一定の学習時間が確保された環境がなくなると、不安が大きくなります。子ども自身も、自宅で過ごす時間が長くなることで、なかなか意欲的に勉強に取り組み続けるのが難しい状況でもあります。

    また、互いに顔を合わせる時間が増えることでイライラの解消が難しくなるなど、悪循環に陥っているケースも少なくありません。そこで第三者の存在があれば好転することもあるのですが、実際問題として難しいこともあるでしょう。どう学習を進めていくか、家庭で考える必要がありそうです。

    家庭学習をどう進めるか


    これは長期休暇でも同様ですが、家庭学習を進めるための基本は規則正しい生活習慣です。まずは保護者の立場として、その点はしっかり律するようにしましょう。保護者のサポートとしては、学習環境を整えることも必要です。これを機にリビング学習を始めても良いかもしれません。子ども自身がリラックスした状態で、すぐに勉強に取り組める環境づくりをしましょう。

    そして何より大事なのが、目標や計画を立てることです。時間ごとに細かくスケジューリングするよりも、1日の間で終わらせるリストや1週間ごとの目標に向かって取り組むなど、ざっくりとした計画をもとに進めていくとうまくいくケースが多いようです。その際に大切なのは、やるべきことが完了したら子どもの自由にさせるということです。たとえそれが午前中に終わったとしても、それ以上を求めないようにしましょう。

    家庭教師の活用が有効になることも


    子どもの学習時間を確保することは、長期間自宅でともに過ごす親子間のトラブルを避けるために大切な要素の一つでもあります。そのためには、第三者の存在や学習スケジュールがポイントとなります。そしてそれらを補う存在として、家庭教師の利用という選択肢があります。子どもの学習レベルや生活スタイルに合わせて目標設定や計画を考えるのは、実はそう簡単ではありません。その部分をプロに任せると、家庭学習がスムーズにいくことがあります。

    東京には非常に多くの家庭教師センターがあり、コースの種類も豊富です。比較的料金が安く利用のハードルが低い、オンライン家庭教師という方法もあります。家庭内で煮詰まってしまった時には、外部の力に頼ることも大切です。まずは家庭教師センターに相談してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    子どもが勉強しないというのは、多かれ少なかれどこのご家庭でもある悩みではないでしょうか。本来人間は怠け者な生き物なので、勉強しやすい環境や一定の強制力がなければ自主的に学習し続けるのは困難だと言われます。

    第三者の家庭教師という存在によって勉強しなくてはならない環境を作り出すことで、うまく家庭学習の習慣化につながる効果が期待できます。東京などでは非常に多くの家庭教師センターがあり、さまざまなコースやプランが設定されています。お子さんやご家庭の状況に合ったサービスも、きっと見つかるはずです。