• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 春休みから始める家庭教師との学習

    春休みから始める家庭教師との学習 新学年の学習をスムーズに始めるには、春休み期間中の自宅での取り組みが大切です。この期間にきちんと学習に向き合えたかどうかが、周囲と差をつけることにもつながります。受験を控えている場合には特に、計画的に勉強していきましょう。実際、新学年を迎える前に家庭教師の申し込みをされるご家庭も多く、家庭学習を始める良い機会とも言えます。新学期までに取り組むべきこと、家庭教師の賢い活用法などを紹介します。

    新学期までにするべきこと

    新学期を迎えるまでに取り組むべきことは、とにかく復習です。できれば一通り、前学期に習った内容は復習しましょう。その際に、苦手な単元やよく間違う問題にチェックを入れておくことです。そしてチェックが入った部分を徹底的に取り組んでいくと良いでしょう。学校の授業では時間も限られているので、なんとなくできたと思っていても、家でじっくり取り組んでみると理解が十分でないこともあります。そのため、改めて自宅で全て復習するのが大切です。

    苦手分野を把握したら、それを克服することです。進級、進学して勉強についていけないことがあるのは、その段階までの理解が足りていないからです。当然のことですが、学校のカリキュラムというのは、段階的にステップアップしていく仕組みになっていますし、ここまでの知識があることを前提で授業が進みます。一度つまずくだけでいわゆる「落ちこぼれ」になってしまうことがあるのはこのためです。

    長期休暇に家庭教師を利用することの意味

    新学期までにするべきなのは、復習苦手潰しです。ただ取り組むべきことは分かっていても、なかなか自分自身で効果的に学習を進めるのが難しいこともあります。そこで利用したいのが、家庭教師です。特に新学期までに行なうべき2点については、塾よりも家庭教師をおすすめしたい理由があります。

    家庭教師の最大のメリットであるマンツーマン指導というのは、復習して苦手克服をする際にも効果的だからです。塾の場合だと、生徒1人ひとりの苦手分野をきちんと把握しきれない部分があります。その点家庭教師は1人の生徒と向き合っているので、どの部分が理解できていないのか、本人が把握していない場合にも対応できます。また、どのように克服していけば良いのか、カリキュラムに縛られることなく子どもに合った方法をとることもできます。苦手潰しをするためには、このような柔軟な対応が欠かせません。

    家庭教師選びの期間として活用する?

    初めて家庭教師を利用するという場合には、体験授業をフル活用してみるのも良いでしょう。東京など都心部では家庭教師会社が点在しており、各社コースや料金システムも様々です。そんな中ですぐにどの家庭教師会社にするのか、どんな先生が良いのか決断するのは難しいこともあるかと思います。特に長期休暇中は、各社いろいろなキャンペーンをやっていることもありますので、春休み中に絞り込むという形で、無料体験などを利用してみてください。

    家庭教師としっかりスケジューリングして学習を進めていくのが理想的ではありますが、初めて検討するのであれば、この期間を利用してしっかりと家庭教師選びするのもひとつの方法です。先を見据えて、比較検討することに時間を当てるのです。そうすると自身でしっかり取り組みをする必要も出てきますが、体験であってもきちんと授業はしてくれるので、苦手の洗い出しをしておいて、体験授業の時間に質問できるような形にしておくと問題ないでしょう。

    まとめ

    進級、進学する前にはしっかり復習すること、そして苦手を克服しておくことです。その方法としては、家庭教師を利用するのが効率的だと言えます。生徒の苦手をきちんと把握して適切な方法をアドバイスしてくれる、これはマンツーマン指導だからこそフォローできる部分でもあります。信頼できる家庭教師にお願いするのがベストですが、初めて利用するのであれば慎重に家庭教師選びをすることも必要です。
    東京などには数多くの家庭教師会社があるので、春休みは思い切って家庭教師選びの期間、新学期の準備期間としてしまうのも良いかもしれません。