• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 雑談で楽しみながら勉強できる環境が、子どもを伸ばす

    雑談で楽しみながら勉強できる環境が、子どもを伸ばす 子どもの能力を伸ばすには、どのような学習環境が求められるでしょうか。毎日何時間も机に向かって勉強すれば、確かにテストの結果につながることもあるでしょう。しかし、それで本当に子どもの能力が伸びているのかというと、疑問が残ります。

    将来も見据えて「学ぶこと」について考えると、本当の意味で賢い子どもになる必要があります。そのためは、意欲的な学びの姿勢が大切。そして意欲を持たせるには、楽しんで勉強できる環境が必要です。

    難関校に進学する子どもほど、のびのびしているという事実


    東京の有名校、難関校に進学しているというと、いわゆる「ガリ勉」タイプの子どもを想像する方も少なくないでしょう。しかし実際のところ、難関とされる入試をパスしているのは、意外とのんびりしているタイプ快活なタイプだったりするのです。

    大事なのは、「勉強をやらされている」のではなく、自ら「勉強しよう」という姿勢です。マイペースに楽しんで勉強できる子どものほうが、中長期的にみると伸びやすいもの。子どもには、ある程度の自由が必要だとも考えられます。

    受験となると、身に付けなければならない知識が膨大です。その分時間も必要で、焦ってしまうのも無理はありませんが、まず子どもが習得すべきなのは学びに対する姿勢。「なんで?」「もっと知りたい」と思って、自ら勉強しようと思えるかどうかが、入試などの結果にもつながっていくのです。

    子どもの成績を伸ばす先生は、雑談が得意


    では、子どもが意欲的に学べる環境とはどのようなものでしょう。塾や家庭教師を利用する場合は、どんな先生に教えてもらうのかが大きく影響します。そこで注目したいのが、先生の雑談力です。

    授業のうまい先生は、雑談もうまい」と言われることがあります。適度に雑談を取り入れて、生徒の興味をひきつけたり、生徒に信頼感を与えたり、といったことが重要なポイントとなるようです。

    とくに、学校の授業が面白くない、勉強が楽しくないと思っている生徒には効果絶大。メリハリをつけることは大事ですが、先生との雑談の延長線上に勉強がある、ぐらいのほうが子どもは勉強に向き合いやすくなります。

    そしてこのような特性をより生かせるのが、家庭教師です。マンツーマン指導の家庭教師だからこそ、適度に雑談を取り入れつつ、楽しく学ぶ環境が提供できます。実際、意識的に雑談を取り入れて授業を行っている家庭教師も少なくありません。

    子どものIQも高める?雑談の効果


    先に述べたように、生徒の興味をひきつけたり、生徒からの信頼を得たりするうえで、雑談はメリットが大きいものです。のびのびと話ができる環境で勉強できるのは、子どもの意欲を引き出すのにも効果的。疑問を口にし、関心を持ったことについて質問するなど、気軽に自分の考えを表現できる場は、子どもにとって欠かせないものでもあります。

    さらに言うと、「賢い」子どもになるためには雑談が大切だともいわれています。最近の研究では、言語能力と賢さの相関関係がかなり大きいということが明らかになってきているということ。表現力や語彙の多さはIQを高めるのにも効果があるとされています。親子間のコミュニケーションのなかでの雑談はもちろん、身近な大人のひとりである家庭教師との雑談も有効です。

    まとめ


    子どもの能力を伸ばすために大切なのは、勉強時間の長さだけではありません。本当に賢い子どもになるために重要なのは、本人の意欲や積極的な姿勢を引き出すことです。そのためには、適度な自由がある場での勉強です。家庭教師との学びの時間が、それに該当するといえます。

    マンツーマンでカリキュラムの自由度が高い分、雑談を交えながら楽しく学ぶ環境がつくりやすいのは、家庭教師ならでは。東京には数多くの家庭教師センターがあるので、いくつか比較したうえで、子どもと楽しく勉強してくれる先生を見つけてみてくださいね。