• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 今こそ短期で家庭教師を利用しよう

    短期で家庭教師

    東京では、家庭教師を利用するご家庭が増加傾向にあります。各社でさまざまなサービスが提供されていたり、オンライン授業を積極的に取り入れたりしていることからも、家庭教師を利用することのハードルが低くなっていることも理由としてあるのだと思われます。


    東京など各地で休校が続く中、ご家庭の環境に合わせて利用するのは有効だといえるでしょう。学習習慣を継続させて学力の維持を図るためにも、選択肢の一つとして前向きに検討する必要があるのかもしれません。


    短期間での利用も可能?


    いまの状況に対応するために家庭教師を検討する際、気になるのがその利用方法システムです。できれば休みの期間中のみ、短期間で利用したいとお考えの方も少なくないようです。家庭教師を短期で利用するのがどうかといえば、実は積極的に受け入れてくれる会社が多くあります。もともと短期コースを設定している会社もあります。またそういったコースが設定されていなくても、入会前に相談すれば対応可能な会社もあります。


    ホームページに明記されていなくても要望に応じてくれる会社もあるので、入会前にきちんと相談しておかれると良いでしょう。短期間ということなので、利用の目的終了までの目標なども明確に伝えましょう。教師の選択や授業の進め方をより適切に行なってもらうためにも、短期だからと遠慮せずに希望を伝えることが大切です。


    家庭教師センター・先生の選び方


    期間中にかかる費用を考えたり、退会手続きが面倒だったりする場合には、短期コースが設定されている家庭教師センターに絞って探すのが最もスムーズな方法でしょう。ただそうでない場合には、やはりきちんと会社にその旨を相談しておくことです。短期間での利用を考えていること、どのような目的のもと利用を検討しているのかなど、明確に伝えましょう。短い期間を有効活用するためにも、それに沿った授業の進め方をしてもらうべきだからです。


    先生選びも非常に重要で、期間中のスケジュールを一緒に考えてくれるような人を選択したいところです。より柔軟な対応が期待できるような、経験豊富な先生のほうが良いかもしれません。限られた期間なので物理的にできることは限られますが、だからこそその点を考慮してくれるような先生をしっかりと選ぶべきなのです。


    短期間利用する際の注意点


    短期間利用する際には、まずトータルの費用についてしっかり確認しておきましょう。状況によっては中長期で継続の可能性がある場合には良いかもしれませんが、本当に数か月のみと決めているのであれば重要なポイントです。入会金や教材費、先生の交通費、その他諸経費などはできるだけ抑えたいところです。短期で利用する場合には、できるだけ授業料以外の費用が少ない会社を選ぶほうが良いでしょう。


    もう1点注意しておきたいのは、退会手続きの方法です。あらかじめ短期利用を伝えておけば説明してくれるはずですが、どのタイミングで退会手続きをとらなくてはならないのか、きちんと把握しておきましょう。手続きが遅れると翌月の授業料が引き落とされてしまったり自動更新されたりなど、会社によってシステムが異なりますので、十分に確認することです。


    まとめ


    中長期的にマンツーマンでしっかり勉強していくのが、本来家庭教師の効果をしっかりと引き出す方法です。しかし短期だから効果がないのかというと決してそうではありません。フォロー体制の整った家庭教師センター、柔軟な対応が可能な家庭教師さえきちんと選べば、数か月の利用であってもきっと満足のいく結果となるはずです。賢く選択するためにも、現状や目標、利用の目的などをきちんと会社に相談したうえで、納得のいく形で利用できるところを選択するようにしましょう。