• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 需要が高まる中で考えたい家庭教師という存在

    家庭教師という存在 休校となる学校や集団指導塾が増える中、通学時と同じようにきちんと学習を進めているお子さんがどれほどいるでしょうか。そう多くはないはずです。ただ、自宅にいる中でいつもと同じ時間帯で勉強するのは現実問題として難しいかと思います。

    そういった背景からも、特に東京などの都心部では急速に家庭教師の需要が高まっています。子どもの学力低下を防ぐために家庭教師を利用する場合に、どういった点に注意すべきなのかを知っておきましょう。

    検討する期間を設ける


    家庭教師のニーズが高まっている時だからこそ、焦って決めてしまわないことをおすすめします。料金面や指導体制、会社のシステムなどを総合的に判断したうえで決めることを忘れないようにしましょう。こういった時に焦りがちなのは、「早く始めないと周りの子から差をつけられるのではないか」「いま決めないと人気の先生に頼めなくなってしまうかもしれない」といったことが懸念されるからだと思います。

    しかし、家庭教師を利用してきちんと成果を出してもらいたいのであれば、やはり通常時と同じように慎重に選ぶことが大切です。気持ちが焦りがちな今だからこそ、時間をとって決めるようにしましょう。一定期間の継続を考えているならばなおさら、さまざまな要素をふまえて親子ともに納得のいく形で決断することが欠かせません。

    数社を比較する


    検討する期間を設ける理由として、いくつかの家庭教師センターを比較した方が良いことも挙げられます。複数を比較検討するのがベターですが、ここにしようと決めた会社と別の1社ぐらいは比べてみることをおすすめします。すると本命の1社のメリット・デメリットが浮かび上がってくるはずです。そのデメリットが大したものでないのであれば、そのままお決めになると良いでしょう。比べてみた結果、懸念材料が生まれたのであれば、再度検討しなおす必要が出てくるかもしれません。

    マンツーマン指導の家庭教師は、うまく活用することができれば非常に高い効果を生むものだと考えて良いでしょう。子ども一人に対してきちんと向き合い指導するのは、やはり大きな強みです。ただし、1対1だからこそ慎重に会社や先生選びをしなくてはならないことも頭に置いておきましょう。

    目的を明確にする


    慎重な会社選び、先生選びをするといっても何を基準に考えればよいのか分からないといった方もいるのではないでしょうか。そんな時はまず、家庭教師を利用する目的を明確にすることです。いま短期的に学習時間を確保するために利用したいのか、継続的に家庭教師との勉強をしていきたいのかなど、各家庭によって目的が異なるかと思います。そもそも会社やそのコースによって、学校の授業の補習的役割だったり、受験対策中心だったりと特色があるので、その点も考慮しなくてはなりません。

    比較をするためにも、まずは数社から資料請求をしてどういったシステムや料金体系なのかを調べてみましょう。そのうえで会社へ直接問い合わせしたり体験授業の申し込みをしたりするとスムーズです。その際にこちらの要望をきちんと伝えることが、失敗しない家庭教師選びに欠かせない要素でもあります。

    まとめ

    東京では家庭教師の利用を希望するご家庭が増えています。そのため我が家も早くと焦ってしまいがちですが、一定期間を設けて検討する必要があります。どの程度の期間で、どういった目的で利用するのかなどをふまえて、いくつかの家庭教師センターを比較しましょう。

    長い目で見たときに、子どもにとってどの選択肢がベストなのかという視点で考えることが重要です。そのためには、無料で利用できる資料請求や体験授業を賢く活用することです。