• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 小3の2月がベスト?中学受験対策の開始時期とは

    小3の2月がベスト中学受験対策の開始時期とは 教育制度改革をきっかけに、中学受験を考えはじめるご家庭が増えているようです。さまざまな学習環境の変化もあり、改めて子どもの進路・進学について考え直すというケースも。

    とくに中学受験は、学習の範囲が広く、必要な学習量も多いため、塾や家庭教師を利用した早期の対策が必要だといわれます。早くから受験を視野に入れている場合、「小学3年生の2月から」本格的に対策を始めるというご家庭が多いということ。実際のところ、どのタイミングで始めるのが良いでしょうか。

    入塾者数が多いのが小学校3年生の2月


    中学受験対策として塾に通い始めるは、「小学3年生の2月から」が最も多いということです。これは、東京をはじめとした首都圏の大手中学受験塾において、新学年の開始時期を2月としていることが背景にあります。

    学年の区切りが4月ではなく2月なのは、小学6年生の2月に実施される中学入試に向けた3年間のカリキュラムが設定されているためです。実際、中学受験をしようと考えたとき、入試の内容を網羅するとなると、やはり3年間分のカリキュラムが必要になるということです。早期に受験勉強の習慣を身に付けさせる目的もあります。

    いわゆる大手の塾でなくとも、このシステムを導入している塾は少なくありません。このように、入塾者数が多いことから、受験対策は「小学3年生の2月から」がスタンドダードになっているのです。

    2月は家庭教師選びにも最適な時期


    では家庭教師の場合はどうなのかというと、実は家庭教師も、先生探しをするうえではおすすめの時期といえます。大体2~5月頃は、家庭教師の先生たちが新たに生徒募集を始めるタイミングです。
    受験生への指導が終了するタイミングであると同時に、現役大学生が家庭教師のアルバイトを探す時期でもあるためです。先生の空きが出やすく、さらに選択肢も増えるということになります。

    もちろん、家庭教師を探すタイミングや勉強を始めるタイミングは自由。年間を通して新規入会を受け入れている会社がほとんどです。

    「小学3年生の2月から」に出遅れたと感じている場合にも、家庭教師ならば、生徒のレベルや目的に合わせたカリキュラムで進めてくれます。もっと早期に学習習慣を身に付けさせるために、低学年から家庭教師を利用されるケースも少なくありません。

    小学5・6年生では遅いのか


    中学受験の開始時期で最も多いのが「小学3年生の2月から」ということは、小学4年生になる段階では受験勉強をスタートしている子どもが多いということになります。では、小学5年生、6年生の段階で受験勉強を始めるのは遅いのか、と不安に思われるかもしれません。

    実際のところ、本人のこれまでの学習の理解度や学習習慣、志望先の偏差値によると言わざるを得ない部分もあります。ただし、子どもにとって適切な学習環境さえ整えられれば、合格を目指せるはずです。

    しっかり勉強してきたタイプのお子さんであれば、大手受験塾に入って志望校対策の授業を受けるとよいでしょう。しかしこれまでの学習量や理解度に不安がある場合には、家庭教師との受験対策がおすすめ。家庭教師ならば、一人ひとりに合わせたカリキュラムで授業を進めてくれるうえに、受験生のメンタルサポートという役割もしてくれるケースも多いためです。

    まとめ


    「小学3年生の2月から」が中学受験対策の開始時期だとされているのは、東京など首都圏の大手中学受験塾の新学年のタイミングが2月に設定されているため。また、6年生の2月の入試に照準を合わせるとなると、やはり3年間のカリキュラムが必要になるからだということです。

    早期に学習習慣を身に付ける意味でも、やはり小学4年生頃から始めるのがベター。ただし、受験勉強を始める時期や、塾や家庭教師など勉強する環境については、お子さんに合わせたベストなタイミングや方法を考えるのが最も重要です。